孫語る渋沢栄一素顔「『よう来られたな』と“梅ぼ志飴”を口に」

孫語る渋沢栄一素顔「『よう来られたな』と“梅ぼ志飴”を口に」

  • 女性自身
  • 更新日:2021/07/22
No image

すべての画像を見る

「いま『青天を衝け』で渋沢栄一を演じてくださっている吉沢亮さんはとても爽やかなイケメン。祖父とは違いすぎて……(笑)。けれどあのまっすぐな生命力は、祖父もこうであっただろうと思えます。脚本が素晴らしく、毎回の放映を感謝しながら拝見しています」

穏やかにほほ笑むのは渋沢栄一の孫でエッセイストとして活躍する鮫島純子さん(98)。

渋沢栄一は、農家の息子として生まれ、後に明治の元勲に並ぶ仕事をやり遂げ、「資本主義の父」として称えられる。その一代記が描かれるNHK大河ドラマ『青天を衝け』は高視聴率を記録。’24年に刷新される一万円札の顔になることも決定しており、まさに渋沢ブーム到来だが、その素顔を記憶する鮫島さんによるとーー。

「とにかく優しく穏やかな人だったことを今でも覚えています。『よう来られたな』と、毎度訪問のたびに榮太樓の梅ぼ志飴を、餌をねだる子雀のような口に入れてくれました。突然訪ねてこられた方々の身の上相談にも応じている場面も記憶に残っております」

鮫島さんは渋沢家の三男で実業家渋沢正雄氏の次女である。

「私の祖母は、後妻の兼子。よいところ取りで、先妻の千代さんがとてもご苦労をされたようです」

というように『青天を衝け』で橋本愛が演じる千代は栄一の最初の妻。内助の功でけなげに夫を支えるがコレラに感染し早逝する。栄一は国事に没頭し、家の切り盛りから親の世話まで千代に任せきりだったというのも史実どおり。

「祖父は晩年、国事に奔走して家を任せ放しにしたため、若くして亡くなった千代さんへの思いから宝光院様という戒名をつけて功績を称え、後妻の子や孫であるわれわれも千代さんを敬っています」

■渋沢家の絆は深く、質素倹約が家訓

渋沢家はとにかく結束の固さと質素倹約が家訓。幼いころの記憶では、鮫島さんの両親は栄一を囲む同族会に毎月集まり、一族は和気藹々と付き合っていたという。

「両親はいつも楽しそうに帰宅して。ときおり母と伯母が『この出費は内緒にしておきましょう』などと相談していたことを耳にしましたから、家計簿を見せ合う場面もあったのではと想像します(笑)」

銀行や保険会社など生涯で500以上の会社設立と、600の社会貢献事業に携わった栄一を鮫島さんはこう振り返る。

「祖父は人選に長けていたといわれ、多くの会社を設立しても自分がそこに居座るということはなかった。『渋沢に頼めば悪いようにはしないだろう』と、常に協力者や賛同者に恵まれていたようです。対人関係での信頼がいかに大事であるか、『世の中に役立つためには何ができるか』を晩年まで考え続けた人だと思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加