ソフトバンクいきなり3得点 巨人吉川尚まさかのタイムリーエラー

ソフトバンクいきなり3得点 巨人吉川尚まさかのタイムリーエラー

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

◆日本シリーズ第2戦 巨人-ソフトバンク(22日、京セラドーム大阪)

ソフトバンクが敵失にも乗じ、第1戦に続いて序盤から優位に立った。

初回1死一塁から柳田が先制二塁打。続くグラシアルの中前に抜けそうな当たりに二塁手・吉川尚が飛びついて好捕したものの、一塁へ悪送球。この間に柳田が2点目のホームを踏んだ(記録は内野安打と吉川尚の失策)。

112試合に出場し4失策の吉川尚だが、まさかの適時失策。続く好調・栗原の右前打で一、三塁となり、デスパイネの三ゴロの間に三塁走者・グラシアルが生還した。

ソフトバンクはこの回打者7人で3得点。すぐさま反撃に出たい巨人だったが、直後の攻撃はソフトバンク先発・石川の前に三者凡退に終わった。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加