志麻さんの料理を楽しむコツ。「いつも栄養のある手づくりのもの」じゃなくていい

志麻さんの料理を楽しむコツ。「いつも栄養のある手づくりのもの」じゃなくていい

  • ESSE-online
  • 更新日:2021/11/26

フランス料理のシェフから家政婦に転身し、気軽でおいしい家庭料理レシピが大人気のタサン志麻さん。そんな志麻さんのライフスタイルマガジン『à table SHIMA』が発売に。第1号では「タサン家の冬の食卓」をお届けしています。 今回はそのなかから、読者が気になる志麻さんの料理へのモチベーションの保ち方や、普段の料理で心がけていることをご紹介します。

伝説の家政婦・志麻さんが普段の料理で大切にしていること

伝説の家政婦・志麻さんが、料理をするうえで大切にしていることとは、一体どのようなことなのでしょうか。

志麻さんのお子さんたちもお気に入りな「ニトリ」のプレート

●いつも新しい料理に挑戦しなくても大丈夫

No image

家族が好きな味は、繰り返しつくっているという志麻さん

みなさんは「新しい料理に挑戦したいけど、うまくいかなくてモチベーションが保てない…」と思うことはないでしょうか?

そんな悩みに対して「私自身は、いつも新しい料理に挑戦しなくてもよいのでは? と感じています」と志麻さんは話します。

「家族が好きな味は、繰り返しつくるのが自然。何より料理をする人が、楽しめること、負担にならないことが大切です」

●志麻さんが、普段の料理で心がけていること

No image

日々の家族との食事も存分に楽しんでいるという志麻さん。普段の料理で、なにか心がけていることやマイルールはあるのでしょうか。

「『いつも栄養ある手づくりのものを食べさせなければ』なんてルールは、とくにありません。あるとすれば、自分も含めて、家族みんなが笑顔で食べられるものを用意すること」

志麻さんも忙しいときは、お肉を塩、こしょうで焼くだけ、野菜をちぎるだけ、なんてこともあるそう。

●取り分けスタイルに合った大皿がお気に入り

料理だけではなく、センスのいい自宅のキッチンや使っている調理道具も注目を集めている志麻さん。使いやすいお皿や、お気に入りのお皿を教えてもらいました。

No image

こちらのシルバーのお皿は、志麻さんの普段の食卓で活躍しているもの。

「わが家は大皿で取り分けるスタイルが多いので、肉料理が映えるシルバーのお皿が食卓によく登場します」

「木のプレートは『ニトリ』のもので、子どもたちが選んだお気に入り」

自分で選んだお皿を使うことで、子どもたちもたくさん食べてくれるそうです。

●ちょっとした工夫でマンネリ化したメニューが新鮮に!

毎日料理をするなかで、「ついついメニューがマンネリ化してしまう」といった悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。マンネリ化したメニューを新鮮にするためには、

「野菜を旬のものに替えたり、いつもは豚肉を使うところを鶏肉に替えてみたりなどすると、同じ調理法でも味わいが変わっていいですよ」と志麻さんは言います。

また、食材だけではなく、調味料を変えてみるのもおすすめだそう。

「オリーブオイルをごま油にするなど、使う油によっても、手軽に雰囲気が変えることができます」

こちらの記事でも、『à table SHIMA』の内容をご紹介しています。

ESSEonline編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加