風船が付いたプレゼントの箱を開けた女性 1.5万円分の紙幣が空に飛んで大ショック(スコットランド)

風船が付いたプレゼントの箱を開けた女性 1.5万円分の紙幣が空に飛んで大ショック(スコットランド)

  • Techinsight
  • 更新日:2021/05/02
No image

誕生日を迎えた女性がもらったプレゼントを確認しようと開けてみると、付いていた風船が上空へ飛んでいった。その風船には1.5万円分の紙幣が取り付けられていたが、気付いた時には手の届かない場所に行ってしまったのだ。このハプニングがSNSで拡散されると、呆然と風船を眺める女性に笑いの声が集まっている。『Mirror』などが伝えた。

No image

プレゼントを開けようとリボンを解くニッキさん(画像は『The Sun 2021年4月29日付「BIRTHDAY CHUMPS Moment woman, 37, watches in horror as balloon with £100 tied to it floats away moments after unwrapping」』のスクリーンショット)

スコットランド南西部にあるグラスゴー在住のニッキ・ウォーカーさん(Nikki Walker)は37歳の誕生日を迎え、自宅の庭で家族とバーベキューをして誕生日会を楽しんでいた。

そしてプレゼントを渡す時間となり、母親のキャロル・ウォーカーさん(Carol Walker、69)がニッキさんにプレゼントを手渡し、娘の誕生日をお祝いした。そのプレゼントは小さな箱の上に、大きな風船がリボンで固定されて蓋をしていた。

その箱の中身を確認するためにリボンを解くと、ニッキさんの頬をかすめて風船は空へ飛んでいった。しかしその風船には10ポンド紙幣(約1,500円)が10枚連なって取り付けられており、視界の端で紙幣の姿を捉えたニッキさんは急いで手を伸ばし掴もうとしたが、手遅れだった。

100ポンドが付いた風船は無情にも大空へ飛び立ち、ニッキさんとキャロルさんは呆然と見守ることしかできなかった。ただの飾りだと思っていた風船に、まさか紙幣が取り付けられているとはニッキさんも思っていなかったようだ。

のちにニッキさんは、当時のことについてこのように明かしている。

「誰かが『すぐ開けて』と言うので、その場で開けたんですよ。今考えると笑いが止まらないですが、プレゼントをくれた母のことを考えると悲しいですね。でも母も『こんなことが起こるのはあなたぐらいね』と笑い話にしていますよ。ただ風船がどこに行ってしまったのか気になります。」

今回の件が地元メディアで取り上げられると、「これは面白い。他の誕生日の人のところへ飛んでいったんじゃない?」「本人はショックだろうけど、笑っちゃうね」「良い人の手に渡るといいね」「誰か親切な人がこの投稿を見て返してくれることを祈るよ」などといった声が寄せられた。

画像は『LADbible 2021年4月27日付「Woman Gifted Birthday Balloon With £100 Tied To It Gutted After It Blows Away」(Credit: Mirrorpix)』『The Sun 2021年4月29日付「BIRTHDAY CHUMPS Moment woman, 37, watches in horror as balloon with £100 tied to it floats away moments after unwrapping」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加