【MLB】ダルビッシュは「素晴らしい投球をしていた」 HR放ったジ軍遊撃手も称賛

【MLB】ダルビッシュは「素晴らしい投球をしていた」 HR放ったジ軍遊撃手も称賛

  • フルカウント
  • 更新日:2021/04/07
No image

ジャイアンツ戦に先発したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

第1打席で先制1号ソロも第2打席は一ゴロ併殺打に

■パドレス 3ー1 ジャイアンツ(日本時間7日・サンディエゴ)

パドレスのダルビッシュ有投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのジャイアンツ戦に今季2度目の先発。6回3安打7奪三振1失点と好投した。同点のまま降板したため今季初白星はお預けとなったが、試合は3-1で勝利。「7番・遊撃」で出場し、3回に先制の1号ソロを放ったジャイアンツのブランドン・クロフォード内野手は「素晴らしい投球をしていた」と右腕を称えた。

ダルビッシュは3回先頭で打席に入ったクロフォードに対してカウント1-1からフォーシームを捉えられ、右越え1号ソロを許した。しかし、許した失点はこの1点のみ。クロフォードに対しても5回無死一塁で迎えた第2打席では一ゴロ併殺打に仕留めた。

クロフォードは「僕らの打線自体は本当にいいと思う。出塁する回数も増えるだろうし、ホームランなどの長打で走者を返すことができると思う。でも今日はそういう展開にならなかった。今日のように良い投手と対戦する機会も今後出てくる。ダルビッシュは素晴らしい投球をしていた。救援陣も良かった」と称え、本塁打の場面については次のように振り返っている。

「狙いとしては特定のゾーン。捉えた直球(3球目92.5マイル)もほぼ真ん中だった。基本的にはそこは狙いやすいコースだからね。彼のように多くの球種を投げ、色々な変化のさせ方だったりスピードを変えたりする投手との対戦では、(ホーム)プレート上のコースを狙いつつそこから対処していく必要があるね」

ジャイアンツのゲーブ・キャプラー監督も「調子が良い時は球界の誰よりも優れた投手。何年もそれを目の当たりにしている」と改めて右腕を称賛していた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加