ソフトバンク連敗2で止める、日本ハム公文2敗目

ソフトバンク連敗2で止める、日本ハム公文2敗目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

日本ハム対ソフトバンク 7回表ソフトバンク1死満塁、デスパイネは勝ち越しとなる中前適時打を放つ(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム4-5ソフトバンク>◇16日◇札幌ドーム

ソフトバンクは1回、暴投の間に1点を先制。日本ハムは2回、大田が同点打、ビヤヌエバの勝ち越し打などでリードを2点とした。

ソフトバンクは6回川瀬の適時打で1点差とした。日本ハムは中盤、得点圏に走者を置きチャンスをつくるも生かしきれず無得点。

ソフトバンクは7回に同点とし、デスパイネの2点適時打で勝ち越し。連敗を2で止めた。高橋礼4勝目。日本ハムの連勝は2でストップ。公文2敗目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加