U-17日本高校選抜が始動。DF河合侑馬(徳島市立2年)「良い雰囲気を持ち帰れるように、しっかり頑張っていきたい」

U-17日本高校選抜が始動。DF河合侑馬(徳島市立2年)「良い雰囲気を持ち帰れるように、しっかり頑張っていきたい」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/11/25
No image

24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。ビルドアップ能力と万能性の高さを特長とする徳島市立高(徳島)DF河合侑馬(2年=伊丹FC Jrユース出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●DF河合侑馬(徳島市立高2年)

―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。

「こうやって日本を代表する選手に選ばれたことは初めてだったので、選ばれた時は本当にびっくりしたんですけれども素直に嬉しいです」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?

「自分の長所であるDFラインから相手を1枚2枚剥がしたり、そういうところを出していければ良いと思っています」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?

「DFラインの中だったら足元の技術は負けていないと思っています」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい

「準々決勝と準決勝は自分の良さは少し出せていたと思うんですけれども、決勝戦は相手の雰囲気に飲まれてしまって、自分たちのサッカーも自分のサッカーも全然できていなかったという印象です。ビルドアップが長所で右利きなんですけれども、左足のロングフィードとかも得意としているので、そのキックはあまり出せていなかったので攻撃のバリエーションがあまり増やせていなかったというか、それも負けに繋がったんじゃないかと思います」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?

「佐賀東の宝納拓斗選手。左足のキックが抜群に上手いなと思います」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?

「今回参加している選手は自分より上手い選手ばかりなので、そういう選手から色々な技術だったり吸収して、みんなに良い雰囲気を持ち帰れるようにしっかり頑張っていきたいと思います」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)▼関連リンク

●【特設】高校選手権2021

▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加