上地雄輔、夏の甲子園中止決定に「俺が生徒だったらどう思っただろう...」

上地雄輔、夏の甲子園中止決定に「俺が生徒だったらどう思っただろう...」

  • Techinsight
  • 更新日:2020/05/24

俳優の上地雄輔はかつて高校球児であり、野球特待生として進学した横浜高校の野球部ではキャッチャーを務めた。後に“平成の怪物”と呼ばれる松坂大輔投手の1学年先輩に当たり、バッテリーを組んで甲子園を目指した間柄だ。その上地雄輔がインスタグラムでこの夏の甲子園が中止と決定されたことについてコメントした。
「遊助」名義でアーティストとしても活動する上地雄輔は、2009年12月16日にリリースした1stアルバ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加