【MLB 優勝決定S】レイズ、新人アロサレーナのMVPに指揮官も称賛 「言い表せる言葉が見つからない」

【MLB 優勝決定S】レイズ、新人アロサレーナのMVPに指揮官も称賛 「言い表せる言葉が見つからない」

  • フルカウント
  • 更新日:2020/10/18
No image

優勝決定シリーズのMVPに輝いたレイズのランディ・アロサレーナ(左)【写真:AP】

シリーズ7試合で打率.321、4本塁打6打点と大暴れ「全てはチームのため」

■レイズ 4-2 アストロズ(リーグ優勝決定シリーズ・日本時間18日・サンディエゴ)

ア・リーグ優勝決定シリーズ第7戦はレイズがアストロズを4-2で破り2008年以来12年ぶり球団史上2度目のワールドシリーズ進出を決めた。シリーズMVPには新人のランディ・アロサレーナ外野手が選出された。7試合で打率.321、4本塁打6打点と大暴れしたルーキーは「全てはチームのため。勝つために自分ができることは何でもしようと思った」と語った。

この日の試合でも初回に先制の2ランを放つなど圧巻の活躍を見せたアロサレーナ。新人野手では史上初となる優勝決定シリーズのMVPに選出された。試合後は「全てはチームのためにしたこと。チームが勝つために自分ができることは何でもしようと思った」と勝利に導く活躍に胸を張った。

今季は8月にメジャーに昇格すると23試合に出場して打率.281、7本塁打11打点と好成績を残しポストシーズンでもレギュラーとして起用されアーチを連発。昨年、カージナルスでメジャーデビューを果たしトレードで新天地に移籍。ここまでの活躍に「ここに来てからの全てで出場機会が増えて、ワールドシリーズまで進出できたのは本当に信じられないこと」と驚きを隠せない様子。

キャッシュ監督もワールドシリーズ進出に導いたルーキーの活躍に「彼が成し遂げたことを、彼がポストシーズンにおいて我々にとってどんな存在だったかを、言い表せる言葉が見つからない」と賛辞を送っていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加