かまいたち、東京と大阪の収録現場の“衝撃的な違い”を明かす「マジで1回楽屋に...」

かまいたち、東京と大阪の収録現場の“衝撃的な違い”を明かす「マジで1回楽屋に...」

  • E-TALENTBANK
  • 更新日:2021/02/22

2月21日、日本テレビ系『おしゃれイズム』にかまいたち(山内健司・濱家隆一)が出演した。

No image

番組ではかまいたちをゲストに迎えトークを展開。その中で、出演者から「大阪と東京の違いとかってあったりする?収録とかロケとか」と聞かれると山内は「ロケはもう全く違います」と、ロケ時間が全く違うと話した。

続けて山内は「15分のV(TR)を作るのに向こう(大阪)は平均13時間は回します」と話すとスタジオには驚きの声が上がり、「文句言わないの?こんないらないでしょと」と聞かれると、山内は「当たり前やと思ってそれで育ってきたんで、逆に東京に来た時に2時間とか3時間で終わるじゃないですか。不安でしょうがなかったです」「足りてますか?これって」と話した。

出演者から「でも10何時間やって15分っていったらほぼ使われないわけじゃないですか」「そのVを見た時に衝撃的じゃないですか。あれもないこれもないみたいな」と言われると濱家は「そうなんすよね。12時間45分ないわけですから」と発言し笑いを誘った。

さらに山内は、東京と大阪の収録の際に用意されている弁当の違いについても「全然違います」といい「ほんまに信じてもらえないと思うんですけど、マジで1回楽屋にチロルチョコ2個だけってのがあったんです。これマジであったんです」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加