「A4用紙に11のテーマ」成果の出る“経営計画”の簡単な作り方

「A4用紙に11のテーマ」成果の出る“経営計画”の簡単な作り方

  • 幻冬舎ゴールドオンライン
  • 更新日:2021/10/14
No image

売り上げが伸びない、利益が上がらない…。それはコロナ禍が原因ではなく、経営計画書に問題はありませんか。社員が参加する経営計画書は社員自らが参加して作成したという思いが強くなり、より大きな成果が期待できるといいます。社員参加型の経営計画書の作り方を見ていきましょう。※本連載は、宮内健次氏の著書『経営計画100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋、再編集したものです。

【関連記事】「経営計画がない会社」では「社員が同じミスを繰り返す」ワケ

経営の仕組みの根幹…そもそも経営計画とは

2つの側面で経営を支える

それでは、経営の仕組みの根幹たる経営計画について話していきます。

経営計画とは、会社のビジョンを明示し、そのビジョンを実現するための計画作りです。たとえば、建物を建てる場合に、設計図と作業工程表なしに作業を進めていくことはありません。

もし、設計図や作業工程表もなく建設を進めていくとなると、担当者は、どのような建物になるのかがわからないために、どの材料を使用してよいかもわかりません。また、いつの時点で作業が開始されるのかもわからないため、作業が進められません。これでは建物を建てることはできません。

会社経営では、この「設計図」はビジョンにあたり、「作業工程表」は具体的施策と行動計画にあたります。

No image

[図表1]経営計画とは

計画とは、「予測」を立てることではなく、「目標」を立てることです。

会社が発展していくためには経営計画によって会社のビジョンを示し、その経営ビジョンを実現するための具体的な施策を考えることが必要なのです。そしてその施策はきちんと計画にもとづいて実現していくことが大切になります。

ワンポイント
経営計画には、大きく分けて2つの側面がある。

具体的行動
それは、ビジョンを提示した「設計図」と具体的な施策と行動計画を示した「作業工程表」である。

小さな会社ではA4用紙一枚でできる経営計画の作り方

社員参加の経営計画作り

経営計画は、社員参加型で作成していきます。社長がひとりで作成するより時間がかかる点はありますが、社員にとっては自らが参加して作成したという思いが強くなり、より大きな成果が期待できます。以下に、社員を参加させた経営計画の作成について、具体的にご説明します。

1.経営計画委員会を立ち上げる

経営計画を作成するプロジェクト(「経営計画委員会」といいます)のメンバーは、社長、役員、部門長その他必要に応じて施策の責任者を任命します。プロジェクトの進行状況を把握するため、議事録作成や資料の取りまとめ役を経務部門あるいは企画部門から任命し、事務局とします。毎月、経営計画委員会を開催し、経営計画を作成していきます。

2.経営計画はA4用紙一枚で作る

中小企業の場合は、人数が限られていて、部門や職務を兼任したりしています。日常の仕事に追われ、時間を作ることができません。そこで、経営計画はA4用紙一枚で作ることをお勧めします。筆者が考案した経営計画書は、詳述します。A4用紙一枚ではありますが、経営ビジョンを達成するためのテーマが揃っており、十分に経営ビジョンを明示できます。この経営計画書には次のようなメリットがあります。

①経営計画全体が一目で俯瞰でき、一覧性がある

経営計画を見るために、何枚も紙をめくる必要がなく、この一枚を見ることで、会社がどの方向に、どのように進んでいくのかが一目でわかります。

②「11のテーマ」に答えるだけで完成する

筆者が考案したA4用紙一枚の経営計画書には11のテーマ(12は総括)の見出しがあり、テーマに応じて枠の中に記載することで経営計画書が完成します。

③会社の基幹表の位置づけになる

会社の規模や事業内容により、本計画書以外に必要な管理表があれば、本計画書を基幹表として、別途作成し添付するようにします。

ワンポイント
社員参加の経営計画は、自らの意思が入るため、目標達成意識が高くなる。

具体的行動
社員参加で、手間のかからない経営計画を作ろう。

数値計画ではだめ!? 今までの経営計画のやり方

経営計画の内容

今までは、損益を中心とした数値計画を経営計画にしている場合が多く見られました。

特に、中小企業が金融機関に提出する経営計画は、損益計算書をもとに、将来の5年間、あるいは10年間の推移を予測した数値で作成したものが中心でした。

その構成を具体的に見ていくと、売上高、売上原価、売上総利益、販売費一般管理費、営業利益、営業外損益、経常利益、特別損益、税引前当期利益、法人税等、税引後当期利益となっています。また、借入金がある場合には返済も考慮するため、返済財源(税引後当期利益+減価償却費)と返済額も加えて作成しています。

経営計画が数値計画中心になっていた理由

中小企業では、経営者が売上目標の設定や資金繰り表の作成など、ふだんからビジネスの結果として、数値中心の経営をしているため、損益を中心とした数値計画だと作成が容易という点があります。

また、数値計画中心の経営計画だと時間もかからず、経営者だけで速やかに作成できる点も大きな理由です。

ワンポイント
数字中心の将来計画ではどう達成するかわからないので社員は動けない。

具体的行動
数字中心の計画から、経営ビジョンとそれを達成する方法を書いた計画に作ろう。

未来予測と具体性がない…従来の経営計画書の問題点

数値計画が問題となる理由

1.数値の根拠がわからない

経営計画は一定期間にわたるものを作成することになりますが、売上や費用は、将来の需要予測を加味していくと毎年一定ではありません。しかし、こうした変化を数値だけで作成してしまうと、数値の根拠がわからず、それをもとに社内で経営計画として推進しても社員の理解が得られません。また、債務超過がある会社の場合、早く正常な状態にしようとして、無理な利益を計上し、数値計画を作成していることがあります。

2.目標を達成する方法がわからない

経営計画を数値計画だけで作成していると、何をどのようにしたら達成できるのかが具体的にわかりません。数値計画を達成するための具体的な施策と行動計画が必要なのです。ところが、目標となる数値計画を掲げるだけで、「現場はその数値をめざして頑張れ」と叱咤激励している社長も見かけます。これでは、現場社員はどうやって数値計画を達成したらいいのかわかりません。

No image

[図表2]経営計画(数値計画)の例

宮内 健次
中小企業診断士
社会保険労務士

宮内 健次

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加