岩本ナオ原作『金の国 水の国』アニメーション映画化決定 ティザービジュアル公開

岩本ナオ原作『金の国 水の国』アニメーション映画化決定 ティザービジュアル公開

  • ぴあニュース
  • 更新日:2022/06/23

岩本ナオ原作で、2017年にランキング『このマンガがすごい!』で1位となった『金の国 水の国』がアニメーション映画化されることが決定した。2023年春に公開となる。あわせて本作のティザービジュアルが公開された。

1位に輝いた作品は、書店から飛ぶように売れるという大注目のランキング『このマンガがすごい!』で、2017年(『金の国 水の国』)、2018年(『マロニエ王国の七人の騎士』)と連続して、異なる作品で1位(オンナ編)を獲得した唯一の作家である岩本。本作は人気と実力を兼ね備えた作家の初アニメーション映画となる。

敵対する2つの国を舞台に、おっとり王女サーラとお調子者の建築士ナランバヤルが突如“夫婦役”を演じることになるも、気づかぬうちに恋に落ちてしまったふたりが、やがて国をも動かす奇跡を起こす物語は、そのたしかな構成力と絶対無二の世界観で熱烈な支持を集めている。

満を持しての映像化のために集まったのはベテランから急成長の若手注目株までの豪華クリエイター陣。制作は、『サマーウォーズ』や 『ちはやふる』などで知られるマッドハウス。監督は、『ちはやふる』、『俺物語!!』で頭角を現す若手注目株・渡邊こと乃。脚本は、ドラマ『コウノドリ』、『マッサン』で心の機微を丁寧に描いてきた坪田文が担当する。

初めての映像化を聞いた岩本はうれしさを爆発させ、監督やキャラクターデザイナーとの打合せにも協力的な姿勢で参加。アフレコで動く自身のキャラクターを初めて目の当たりにして、アニメーターの力量に感心しきりで、「自分が紙の上に描いた人物たちがスクリーンの中で動いたり喋ったりしている姿を見れるのを楽しみにしてます」とコメントを寄せた。

あわせて、本作のティザービジュアルも公開。幻想的な月夜、橋の上で出会う男女のキャラクターは主人公ナランバヤルとサーラ。ナランバヤルがサーラを呼び止めようと何か言葉を発しているのだろうか、サーラはハッとしたように振り返らんとしている瞬間が捉えられ、ここから何かが始まりそうな予感を感じさせる。ナランバヤルは猫を肩に乗せ、サーラは犬を大事そうに抱き抱えている。この動物たちは物語にどう絡んでいくのか、この橋の上でナランバヤルはサーラに何と言葉をかけているのか、このあとの展開が気になるティザービジュアルとなっている。

原作の印象的なシーンからインスピレーションを受けて描き起こされたこのビジュアルを見た岩本は、「このシーンにカラーを付けたことはなかったのですが、きれいな色使いがすごく神秘的で物語の世界観がよく表れていると思いました。ナランバヤルとサーラの動きと表情にも、何かが始まりそうな躍動感があり、映画の完成が一層楽しみになりました」と感動の声を寄せている。

『金の国 水の国』
2023年 春 公開

ishii

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加