TONE RT SYNCEDGE4413 BMW、第3ライダーに中冨伸一を起用。EWCは鈴鹿8耐と初のボルドール24時間に参戦

TONE RT SYNCEDGE4413 BMW、第3ライダーに中冨伸一を起用。EWCは鈴鹿8耐と初のボルドール24時間に参戦

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2022/05/14
No image

5月12日、TONE RT SYNCEDGE4413 BMWはレギュラーライダーの星野知也、石塚健に加えて、第3ライダーに中冨伸一を起用すると発表。また、2022年FIM世界耐久選手権(EWC)第3戦鈴鹿8時間耐久ロードレースおよび第4戦ボルドール24時間耐久ロードレースの2戦に参戦することをアナウンスした。

全日本ロードレース選手権に参戦しているTONE RT SYNCEDGE4413 BMWは、EWCにおいても輝かしい成績を残している。2019年の鈴鹿8耐では、星野、渥美心、石塚のトリオで戦い、総合14位に入ってSST(スーパーストック)クラスでは優勝を果たした。翌2019-2020シーズン第2戦セパン8耐では、SSTクラスで最上位グリッドを獲得し、レースでは総合15位、SSTクラス3位と表彰台に上がっている。

No image

EWCセパン8時間耐久ロードレースでSSTクラス3位表彰台を獲得したTONE RT SYNCEDGE4413 BMW

その後は、鈴鹿8耐に加え、ボルドール24時間の参戦も計画していたが、新型コロナウイルスの影響により鈴鹿8耐は中止され、海外戦の出場は困難であることから、2022年に参戦することを新たな目標に活動していた。

そして、1月に東京オートサロンで開催した体制発表では、2022年はJSB1000クラスに星野を起用してマシンはBMW M1000RRを使用すること、ST1000クラスに石塚を起用することに加え、EWCでは鈴鹿8耐とボルドール24時間に参戦することを明言。その際は、渥美がEWCチームのOG Motorsport by Sarazinに移籍したことから第3ライダーは未定となっていた。

No image

中冨伸一(WaveinnR)/2022全日本ロード第2戦鈴鹿2&4 JSB1000

そして、今回、第3ライダーに中冨を起用することを発表。星野、石塚、中冨の3人で8月7日に開催予定の鈴鹿8耐で2連覇を目指すとともに、初めて参戦する9月18日のボルドール24時間にも挑戦することになる。

中冨は、WaveinnRから全日本ロードのJSB1000クラスにフル参戦しているライダーで、第2戦鈴鹿2&4のレース1では自身のチームから8耐トライアウトに参加したが、転倒リタイアを喫したため参戦権を獲得できなかった。しかし、TONE RT SYNCEDGE4413 BMWと同じく、長年ダンロップタイヤを使用しているライダーであり、誰よりもタイヤの特性を熟知していることから今回の加入は心強いものとなるとチームは語っている。

ベテランライダーである星野と勢いのある若手ライダー石塚、そして経験豊富な中冨が加わったプライベートチームの鈴鹿8耐連覇と初のボルドール24時間参戦から目が離せない。

No image

星野知也(TONE RT SYNCEDGE4413 BMW)/2022全日本ロード第2戦鈴鹿2&4 JSB1000

■星野知也
「今シーズンのFIM世界耐久選手権(EWC)鈴鹿8時間ロードレース、ボルドール24時間レースのライダーとして中冨伸一選手がチームに加わってくれた事を嬉しく思います。中冨選手は常に日本のトップライダーであると共に、世界でも活躍したライダーですので、とても心強く思っています」

「マシンやタイヤの事も良く分かっていますので、テストから一緒に走るのがとても楽しみです。鈴鹿8耐ではSSTクラス連覇を目指し、ボルドール24時間レースでは表彰台を目指して頑張りますので、応援宜しくお願い致します」

No image

石塚健(TONE RT SYNCEDGE4413 BMW)/2022全日本ロード第1戦もてぎ ST1000

■石塚健
「鈴鹿8耐、ボルドール24時間の第3ライダーに中冨選手が加わる事が決まりとても嬉しい気持ちです。今年の鈴鹿8耐SSTクラス連覇を目指す上でとても心強いですし、経験豊富なチームメイトの星野選手、中冨選手から色々な面で吸収させて頂き、必ず結果に残したいと思います」

「ボルドール24時間に関しては、チーム全員が初の経験となるので未知な部分が沢山ありますが、その分楽しみも多いです。しっかりと自身の仕事を果たし、レギュラーチームと戦いたいと思います。応援、よろしくお願い致します!」

■中冨伸一
「チームよりオファーを頂き、鈴鹿8耐とボルドール24時間に参戦する運びとなりました。自分のできる仕事をしっかりとこなし、チーム一丸となり鈴鹿8耐のSSTクラス2連覇、そしてボルドール24時間耐久に繋げていきたいと思います」

「24時間耐久は初の経験になりますが、今からワクワクしています。BMWに乗るのは初めてですが、とてもパワフルなマシンなので、これから乗るのがとても楽しみです!」

■高村嘉寿チーフメカニック
「鈴鹿8耐及びボルドール24時間のライダーが決定したことを喜ぶと共に安心しました。中冨選手とは同じダンロップユーザーなので、話をする事は多かったのですが、このような形でチームに加入する事が出来て良かったです」

「ベテランのライダーであり実力は申し分ないので、テストからチームと一緒に活動できる事にワクワクしています。タイヤに関する事も我々が学ばせてもらう事が多いと思います。ベテラン2名が若手の石塚を引っ張る形なので、石塚にはいろいろ吸収してもらいたいと思っています」

「『勝てる』体制ができたと思っていますので、しっかりマシンを準備して世界耐久選手権に臨みたいと思います」

■山下祐チーム監督
「この度、ご縁をいただき当チームの鈴鹿8耐及びボルドール24時間参戦ライダーとして中冨伸一選手
がチームに加わることとなりました」

「経験豊富な中冨選手の加入は、チームにとって貴重なデータをもたらしてくれると共に、最上の結果を得るためのベストなライダーの組合せであると思います」

「チームにとって最も困難な挑戦である鈴鹿8耐とボルドール24H参戦ですが、星野、石塚に加え中冨選手とチームとで力を合わせ全力で挑戦することを楽しみにしています!!」

チーム名:TONE RT SYNCEDGE 4413 BMW
ライダー:
第1ライダー 星野知也(ほしの ともや)
第2ライダー 石塚健(いしづか たけし)
第3ライダー 中冨伸一(なかとみ しんいち)
マシン:BMW M1000RR
チーフメカニック:高村嘉寿
チーム監督:山下祐

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加