大河「青天を衝け」第2回は16・9% 8年ぶり大台発進の20・0%から3・1P減

大河「青天を衝け」第2回は16・9% 8年ぶり大台発進の20・0%から3・1P減

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22
No image

「青天を衝け」主演の吉沢亮

21日に放送されたNHK大河ドラマ「青天を衝け」第2回の世帯平均視聴率が16・9%だったことが22日、分かった。初回(14日)の20・0%から3・1ポイントダウンとなった。

「青天を衝け」の初回は2013年「八重の桜」の21・4%以来、8年ぶりの大台スタート。コロナ禍でクランクインが約2カ月遅れ、放送開始も例年より1カ月以上遅くなったが、上々の滑り出しだった。

今作は新1万円札の顔となる日本資本主義の父・渋沢栄一(吉沢亮)を主人公に、幕末から明治までを追う。(数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加