M1チップ搭載Mac登場後もGPUでAppleと協力、AMD リサ・スー氏がコメント

M1チップ搭載Mac登場後もGPUでAppleと協力、AMD リサ・スー氏がコメント

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/01/14
No image

AMDの最高経営責任者(CEO)リサ・スー氏が、AnandTechのイアン・カトレス氏の取材に対し、「M1チップ登場後も、GPUの開発パートナーとしてAppleと協力している」とコメントしました。

Apple自社設計GPUに移行するとの噂

新型MacBook Air13インチMacBook Proに搭載されたM1チップは、GPUを統合しています。現行モデルのIntelプロセッサ搭載16インチMacBook Proは、AMDのGPU、「Radeon Pro 5300M」や「Radeon Pro 5500M」、オプションで「Radeon Pro 5600M」が選択可能です。

ただし、は今後、Appleシリコンに移行するとの噂があります。もっとも、Appleシリコンを搭載する16インチMacBook Pro発売後も、13インチMacBook ProのようにIntelプロセッサ搭載モデルもラインナップされ、そちらにはAMDのGPUが引き続き搭載されることも考えられます。

Appleは、新しいAppleシリコン、「M1X」「M2」、「A14T」や、自社設計の128コアGPUを開発していると噂されています。

両社の関係性は変わっていないと返答

そうした状況で、M1チップの登場、Appleシリコンへの移行を発表したAppleとAMDとの関係性について問われたスー氏は、「GPUの開発パートナーとして引き続きAppleと協力している」と回答、これまでと関係性が変わらない様子を示しました。

スー氏は、M1チップに対する市場の反応を注視しているようで、PCの分野での革新の機会は豊富にあり、今後数年間で用途を特化したプロセッサが登場し、製品の差別化がなされるだろうと予想しています。

藤井聡太二冠は「Ryzen Threadripper」を使用

AMD製品に関し、将棋界の藤井聡太二冠が「Ryzen Threadripper 3990X」を使っていることで知られています。

藤井聡太二冠は2018年に、スー氏に会ってみたいと取材に回答、それを伝えたツイートにスー氏がメッセージを寄せていました。

Thanks @detune00 . I heard about this from my team in Japan. We are very excited that Sota Fujii is an @AMDRyzen user and fan!! We share Fujii-san’s excitement and look forward to bringing Zen2 to the market next year!
— Lisa Su (@LisaSu)
December 3, 2018
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加