サザン・関口和之 デビュー当時 “サザンの音楽”は「世間に受け入れられるとも思わなかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/06

「サザンオールスターズ」のベーシストでウクレリアンの関口和之(66)が6日、TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・00)にゲスト出演。「デビュー当時」について振り返った。

お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之から「言い方は分からないですけど、超売れてるじゃないですか。サザンの一員ってどんな人生なんですか?」と尋ねられた関口が「最初は学生だったんでデビューしたときも、何かそれの延長でずるずるみたいな感じで…」「いつの間にか“プロになってんだ”って思った感じですかね」と答えると、塙からは「いやいやずるずるというレベルじゃないでしょ」とツッコミが入った。

さらに、デビュー当時の心境について関口は「メンバーによっても違うんでしょうけど」とした上で、「学生時代の記念に1枚残したらいいかなくらいな」「そんな簡単に売れると思ってないし、自分達がやってる音楽がそんなに世間に受け入れられるとも思わなかったですから、そのときは」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加