バイク女子・美環、マツダ・ND型ロードスターの魂動に感動

バイク女子・美環、マツダ・ND型ロードスターの魂動に感動

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/08/01

パパが家族にナイショで家族のクルマを売却し、NB型ロードスターを迎えたことからクルマに興味を持ったバイク女子の美環さん(永遠の18歳)。

No image

お父さま所有のNB型ロードスターと美環さん

パパのロードスターを運転してみたいという思いから、昨年普通自動車免許を取得したばかりか、今までさまざまなクルマを試乗することで、運転にもだいぶ慣れてきました。ですが「全然クルマを貸してくれないんですよ。掛け捨てのワンデー保険に入るから、と言っているんですけれどねぇ」と、パパはいまだにNB型ロードスターのステアリングを握ることを許してくれないのだとか。そこで今回、現行のND型をお借りしてロードスター体験してもらいました!

No image

ND型ロードスター(取材車はS Leather Package/6EC-AT仕様。価格は328万4600円税込)

世界が認める日本のオープンスポーツカー

マツダのオープンスポーツ、ロードスターが誕生したのは1989年のこと。「人馬一体」というコンセプトのもと、走りの楽しさを多くの人に与えてきました。4代目となるND型ロードスターが誕生したのは2015年。国内外数多くの賞を受賞した本モデルは現在、ソフトトップ仕様に加えてRFというハードトップの2種類がラインアップされています(ASCII.jpでも連載があります)。

No image

ND型ロードスターのフロントマスク。ロー&ワイドなデザインは、今までのロードスターと趣が異なっている

No image

ND型ロードスターのサイドビュー。流れるようなフォルムは走りを意識させるに十分だ

エクステリアは同社が掲げるデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用。躍動感あふれるフォルムに「カッコいい! 他にはないデザインですね。あとフロントタイヤのあたり(フェンダー部)が、昔のアメ車みたいで、それもイイ感じ」とニコニコ。この「昔のアメ車みたい」が意外な効果を発揮するのですが、それは後ほど。

試乗車のカラーリングはソウルレッドクリスタルメタリックというマツダのイメージカラー。近年は深みのあるマシーングレープレミアムメタリックとの二本立てを打ち出していますが、現代マツダといえば、このソウルレッドではないでしょうか。ディーラーに行けば、かならずこの色のクルマがありますからね。赤いクルマが好きな美環さん的にソウルレッドは「上品で落ち着いた感じ。素敵です」と満面の笑み。ND型ロードスターは早速彼女の心をつかんだようです。

No image

ND型ロードスターのラゲッジスペースを開けたところ。垂直方向に荷物を出し入れするため、小柄で箸より重たい物が持てない(自称)の美環さんにはちょっと辛いかも?

No image

ラゲッジスペースは意外と奥が深く、スーツケースも余裕で入る。ちょっとした旅行にも好適だ

ラゲージスペースは幌を収納する都合、前後方向は短いものの上下方向(高さ)がかなりあるタイプ。大きなスーツケース1個はラクに収納できます。「これなら実用的ですね」と美環さん。

オープンカーだからこそ車内は上質に

室内は上品かつプレミアム感にあふれるもの。注目すべきは室内の一部にボディー色を配することで、外と内に一体感をもたせています。「この色だとカッコいいですね。他の色だとどうなるんだろう」と造形作家でもある彼女的には興味津々。運転席、助手席ともにコクピット感を強めた、スポーツカーらしいテイストでありながら、横方向にゆとりがあるため窮屈さはあまり感じません。収納も十分で、ドリンクホルダー、USB充電ソケットを各2個備えています。

No image

コクピット感が強いNDロードスターの室内

No image

ドア部分の一部にボディー色と同じ加飾が用いられ、外から室内へと綺麗なラインが描かれている

No image

アクセルペダルはオルガン式を採用。ブレーキペダルとは結構な段差があり、踏み間違えは少ないだろう

No image

エアコン周り。ノブのタッチは柔らかめだ。USBソケットを2系統 を備えているほか、アナログ入力も備える

No image

シフトレバー、ハンドブレーキまわり。AT車の場合、シフトレバーの下にスポーツモードの切り替えスイッチを備える。ダイヤルおよび近傍のボタンはインフォメーションディスプレーの操作用だ

No image

シートバック近傍には収納とドリンクホルダーを備える。収納に鍵がついているのがオープンカーらしい配慮といえるだろう

No image

ND型ロードスターのスポーツシート

No image

運転席に座った美環さん。シートの高さ調整ができないため、試乗時は座布団とヘッドレストの角度調整のためパンダのクッションを取り付けた

シートはリクライニング機構はあるものの、高さ調整はできないセミバケットタイプ。太もも部分のみ高さ調整は可能です。よって小柄な美環さん的には「お座布団」が必要になります。ですが1枚では足りず2枚あった方がよいとのこと。ちなみにヘッドレストにパンダのクッションが置かれていますが、これは彼女の持参品。「このクルマに限らずなんですけれど、ヘッドレスト一体型のシートって、首が痛くなるんですよ」という対策グッズだったりします。角度調整ができるシートの方がいいそうです。一方で「ボディー側ではなくシートの近くからベルトが出ているのはうれしいですね。ドア側(Bピラー)だと取り出しづらいんですよ」とのことで、これは筆者も同意見。結構手を回すのが面倒だったりしますからね。

No image

ルーフを開閉する美環さん

No image

開閉は内側のロックを外すだけと簡単

No image

「ここ、ガラスなんですね!」とルーフを見て感心する美環さん

ルーフの開閉はセンターロックを外して後ろに追いやり、強く押し込むだけと簡単なモノ。「ロードスター史上、もっともルーフ開閉がラクなんです!」とマツダの車両管理担当が胸を張る自信作です。信号待ちで開けてみようと実験したところ、これは確かにカンタン。「開けた状態の見た目もいいですし、なにより簡単に開閉できるのはイイ」とのこと。

No image

SKYACTIV-Gエンジンユニットは縦位置でマウントされる

エンジンは1.5リットル直4自然吸気タイプ。運転席側近くにマウントされているのは、言うまでもなく運動性能向上のためでしょう。気になる最高出力は132PS/7000rpm、最大トルクは15.5kgf・m/4500rpmと必要にして十分。ハイオクガソリン専用で、燃費性能はJC08モードで18.6km/L。ちなみにタンク容量は40リットルですので計算上は一回の給油で700km以上走行できそうです。

No image

運転席からの眺め。ハンドルは細めで手の小さい方にもピッタリだ

No image

一見3連に見えるメーターレイアウト。センタータコメーターでスポーツ感満点だ。左は液晶のインフォメーションディスプレー

No image

アイドリングストップ、車線監視、トラクションコントロール、バックソナー等の操作スイッチ類を装備

運転席はスポーツカーらしいセンタータコメーターを採用。インフォメーションディスプレイには水温や燃費、ガソリン残量のほか、車線逸脱時にアラート表示をする。水温はほぼ100度に近い値を示しているが、最近のクルマは燃焼温度を高め効率を上げる方向なので、この位の温度が正常値。100度を超えてきたらクールダウンした方が望ましいだろう。

まったりと運転しても楽しいオープンスポーツ

No image

この笑顔がNDロードスターの楽しさを語る何よりの証明だ

早速ステアリングを握りワインディングロードを駆け抜けると、その気持ちよさに美環さんも大満足。ボディーサイズ的にBセグメントハッチバック以下が運転しやすい、という彼女ですが「まったく大きさが気になりませんね。運転しやすいですよこのクルマ」と笑顔。「いつもはフロントボンネットが見えないのですが、このクルマは見えますね。それに昔のアメ車みたいな張り出しがタイヤのある場所だとわかるのもいいですね」「あと視界がとてもいいです。窓ガラスにダッシュボードの映り込みも少ないですし、左側の死角も少ないようですね。パッと乗ってすぐに慣れる感じがします」。乗り込んですぐに慣れてしまうフレンドリーさに、このクルマの隠れた魅了がありそうだ。

No image

助手席からの眺め。ホイールハウス部分の突起により、車幅感覚がつかみやすい

「乗り味はスポーツカーらしく硬めですけど、突き上げとかが凄いわけではないですから、全然気になりません」と、こちらも満足気。「自分の行きたいところにクルマがスッと動くみたいなのがイイです。でありながら過敏すぎないんですよ。オープンにしてまったりと走ると気持ちいいですね」

No image

ワインディングを走るNDロードスター

「あとエンジンの振動が少なくて、排気音が静かなのもいいですね。ルーフを閉めた時の高速道路で、風切り音なのかタイヤなのかのノイズは結構聞こえますけれど、比較的静かなんじゃないかなぁ。オープン時の風の巻き込みとかはあまり気になりませんでした」

No image

オンザレールの走りが楽しめるNDロードスター

「ロードスターのご先祖様にも乗ってみたい!」 では、やりましょう!

こうしてロードスターを堪能した美環さん。「見た目も室内もイイし、車線を跨ぐと警告音がするとか、便利な機能もいっぱいあるから、運転に慣れていなくても安心ですね。何より運転していてとても楽しい。このクルマ、とても素敵だと思いました」と大満足の様子。さらに「オートバイって実は結構暑いんですよ。涼しいと思えるのは高速道路の時だけ。ロードスターは屋根を開けて走るとオートバイと比べて1億倍涼しいですね!」とバイク乗りならではの感想も。オープンカーの魅力を改めて気づいてしまったようです。

No image

NDロードスターのサイドミラー越しの美環さん

そして「パパはロードスターで独り旅をよくしているんですけれど、その意味がなんとなくわかった気がします。まったりと気持ちよく運転できるんですね」と、ロードスターにより一層興味を示した様子。「今日、ロードスターに乗ったということをパパに言います。で、事故を起こさなかったから、パパのクルマに乗せてって言いますね」ともう一度アタックするとか。

No image

美環パパ所有のロードスターのステアリングを握る美環さん

そして「ロードスターって4世代あるんですよね? 今日は最新型に乗りましたけれど、ご先祖様に乗ってみたい!」というおねだりも。

No image

NDロードスター以外にも乗ってみたいと美環さん。ちなみに初心者マークを貼ろうとしたところ、ボディーの多くが非磁性体であったため、用意したマグネット式ではリアの一部とボディー側面しか取り付けることができなかった

ということで「美環のロードスター4番勝負」として、初代NA型から始まって、NB型、NC型、そしてND型の全車種一気取材を現在計画中。今回のような試乗連載ともどもお楽しみに!

No image

NDロードスターが気に入ってしまった美環さん。現在、NA~NDまで全車種試乗を計画しています。お楽しみに

栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●美環(@puritendon) 車両協力●マツダ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加