阪神D1位・佐藤輝、伝統の一戦を前に100万円弾デモ

阪神D1位・佐藤輝、伝統の一戦を前に100万円弾デモ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/06

(セ・リーグ、阪神-巨人、1回戦、6日、甲子園)ドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=が、試合前練習に参加した。今季の本拠地開幕戦。今年から「DAZN バックスクリーンホームラン賞」として阪神主催の甲子園で行われるセ・リーグ公式戦で、バックスクリーンへ本塁打を放った阪神の選手にはDAZNから賞金100万円が贈られる。

フリー打撃を行った佐藤輝は7スイング目。バックスクリーンに運び、さっそく100万円弾のデモンストレーション。56スイングで6本の柵越えを放った。4日の中日戦(京セラ)は今季初のスタメン落ちしたドライチ。「(巨人は)一番の敵だと思いますし、上に行くためには勝たなければいけない相手だと思う」と意気込んでいた今季初の伝統の一戦で、特大アーチを描く。

No image

打撃練習に臨む阪神・佐藤輝=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加