リバプールがポルト下し5連勝、南野も先発出場 欧州CL

リバプールがポルト下し5連勝、南野も先発出場 欧州CL

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/11/25
No image

サッカー欧州チャンピオンズリーグ、グループB第5節、リバプール対FCポルト。先制点を決めて喜ぶリバプールのティアゴ・アルカンタラ(2021年11月24日撮影)。

【AFP=時事】サッカー欧州チャンピオンズリーグは24日、グループB第5節が各地で行われ、リバプールはティアゴ・アルカンタラの5月以来のゴールなどでFCポルトを2-0で下した。ユルゲン・クロップ監督は、先発した控えの選手たちを称賛した。

前節すでにグループ首位通過を決めていたリバプールだったが、本拠地アンフィールドで手を緩めることはなかった。

リバプールで苦戦を強いられているティアゴは、チャンピオンズリーグ制覇を果たしたバイエルン・ミュンヘン時代の輝きを取り戻せずにいる。しかし、この日は後半に強烈なミドルシュートを決めて先制点を挙げるなど、落ち着き払ったパフォーマンスで本領を発揮した。

さらにモハメド・サラーが今季公式戦17点目を決めたリバプールは、グループリーグ5連勝を達成した。

敗れたポルトは、アトレティコ・マドリードとACミランに1ポイント差をつけグループ2位となっており、12月7日の最終節でアトレティコに勝利すれば、リバプールと共に決勝トーナメント進出が決まる。

2021年の残りのミッドウイークは全て試合が組まれているリバプールは、12月は9試合を消化しなければならないため、クロップ監督はビルヒル・ファン・ダイクやアンドリュー・ロバートソン、ファビーニョ、トレント・アレクサンダー・アーノルドといった主力をベンチスタートとした。

19歳のタイラー・モートンがチャンピオンズリーグ初出場を果たしたリバプールは、ネコ・ウィリアムス、イブラヒマ・コナテ、南野拓実らが先発に名を連ねた。

「若手をプレーさせた。けが明けの選手がいた。適切な選手が出場機会を得て、適切な選手に休息を与えた」と話したクロップ監督は、「このチームにいるのであれば良い選手だということ。それだけのことだ。準備ができていない選手は試合に送り込まない」と続けた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加