AIキャンピングカー開発スタート、2022年中に新ハイエースキャブコン販売開始へ

AIキャンピングカー開発スタート、2022年中に新ハイエースキャブコン販売開始へ

  • レスポンス
  • 更新日:2022/01/18
No image

aiキャンピングカー(イメージ)

もっと画像を見る

ジャパンキャンピングカーレンタルセンターを運営するキャンピングカー株式会社はファーストカスタムと共同で、アマゾンアレクサを搭載するAIキャンピングカー『ロビンソンAI』の開発を開始したと発表した。

まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer....東京オートサロン2022[詳細画像]

近年、コックピットの乗り心地、安全装備面が支持され、トヨタ『ハイエース』ベースのキャブコンバージョンが人気を博している。しかし、キャンピングカー業界ではハイエースキャブコンを制作できるビルダーが少なく、新車納期が1年以上かかることも少なくない。そのためレンタル車両導入に時間がかかるケースが発生。レンタル車両のスムーズな導入が課題となっていた。

今回、ファーストカスタム社と共同で、一からキャンピングカーの制作に携わることで、製作スケジュールを管理できるようになり、機会ロスの削減が期待できる。また、車内レイアウトや装備内容の細部に至るまで、これまで蓄積したレンタルキャンピングカーの知見を搭載できるようになる。

共同開発するオリジナル車両は、アマゾンアレクサを搭載し、スマートホーム化。AIキャンピングカー『ロビンソンAI』として2022年中に販売を開始する予定だ。

世界初!?「ジムニー 5ドア」スズキより先に発表しちゃいました...東京オートサロン2022

【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”の知恵の数々に「手を尽くした」

マウンテンベースというがこのまま事務所にできる日産 キャラバン...東京オートサロン2022

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加