今年のスタメンワンピース/スタイリスト福田麻琴

今年のスタメンワンピース/スタイリスト福田麻琴

  • LEE web
  • 更新日:2022/06/24

パンツ派だけど、涼しさには変えられない!

一年の半分以上、いや多分300日くらいと言った方がわかりやすいか……

パンツをはいています。

完全なるパンツ派です。

昔はスカートもよくはいていましたが、子どもが男の子だったということもあり、走れて、しゃがめて、転がれる!(どんな場面!?笑)そんな条件を叶える服となると必然とパンツをはく日が多くなったのです。

仕事もそう。転がりはしませんが、ロケの日なんかは断然パンツの方が動きやすいし便利です。

ただ、夏は別!

ここ最近の夏は暑すぎます。

パンツの方が落ち着くけど、涼しさには変えられない!

ということで、ワンピースの出番です。

No image

ワンピースってアガる!この高揚感は何?

シルクのはらぱんを履いてしまうので、体感的にはスースー涼しいとは言えませんが、それにしても風通しはよく、パンツにはない解放感がありますよね。

そしてアガる!

なんでしょう?この高揚感は。

コットンやリネンの天然素材で、なんの装飾のないワンピースだとしてもやっぱりちょっとウキウキするんです。

これは女子に埋め込まれたDNAなのか、はたまた質素なお姫様にでもなった気がするのか……やっぱりワンピースって素敵です。

ワンピース選びの基準は“洗える”一択

私のワンピース選びは簡単!

“洗える“一択です。

昔買って大事にしているシルクのワンピースもありますが、夏のワンピースは“洗える”がマスト。洗えない表示でも洗っちゃう(笑)こればっかりは長年の勘といいますか、なんとなく素材を見て洗濯機に入れたらどんな表情になって出てくるのかわかります。(オススメはしませんよ!)

No image

その風合いが太陽や風にあたりどんな風に変化するのか、そんなことまでイメージしたりして、干したハンガーからそのまま着られそうなら、買いです。

どうしてこんなに横着になったのかは謎ですねぇ。

アイロンがけは好きな作業なのですが、何せ1日は24時間しかない為、アイロンより優先順位が高いものがたくさんあるのが今の私のライフスタイルです。

これはどうにもならないので、こういうところで時短できるものがあっているんです。

アイロンが必要なのにそれをシワシワで着るのは私の小さな小さな美意識がNO!と言います。

お洒落は条件付きだから楽しいのかも!

そんな条件をクリアした私の夏のワンピース達。

今年、特に気分な3枚です。

No image

(右から)ストライプ柄は「ラカグ×はまじ」、白シャツワンピースは「ドリスヴァンノッテン」、黒ワンピースは「カレンソロジー」のものです。

何年も着続けているものもあれば、今年の新作もあります。

そしてどれも洗えて(勝手に洗って)、ノーアイロン!

No image
No image
No image

無理なく、私らしく。

お洒落は条件付きだから楽しいのかもしれませんよ!

麻琴さんにお悩みを相談しませんか?

「“おしゃれゴト”では、皆様からのお悩み相談を募集しています。

ファッションにまつわること、仕事、子育て、etc……

100%の正解はありませんが、一緒に楽しく解決できたらと思っています。

たまに私の相談にものってください(笑)

日常の些細な疑問、福田がのんきにお返事します。

一緒にシェアして笑っちゃいましょう!」From Makoto

【投稿はこちらから】

fukudamakoto@lee.hpplus.jp

※いただいたお悩み・ご質問は「おしゃれゴト」をはじめ、福田麻琴さんのSNS等ほかのメディアにてお答えする場合もございます。【お名前(フルネーム)】と【ハンドルネーム(回答する際にお呼びするお名前)】を明記の上、【お悩み】についてお書きください。ハンドルネームでご紹介致しますが、匿名希望の場合はその旨メール内にお書きください。

※大変申し訳ありませんが、すべてのお悩み・ご質問にお答えできるということではありません。

福田 麻琴

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加