大谷翔平 2番で出場へ 2戦連発でイチロー超えに期待 155億円CY賞左腕と初対決

大谷翔平 2番で出場へ 2戦連発でイチロー超えに期待 155億円CY賞左腕と初対決

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/09
No image

エンゼルス・大谷翔平(提供・共同通信社)

「マリナーズ-エンゼルス」(5日、シアトル)

エンゼルスの大谷翔平投手(28)が「2番・指名打者」で出場することが発表された。

大谷は前日のアスレチックス戦で6月21日以来、今季5度目の1試合2本塁打を記録。五回の中前打と合わせて今季8度目の猛打賞を獲得したが、チームは惜敗。球団最多タイの7本塁打、同初となるソロ7発を放ちながら投手陣が踏ん張れず、借金は今季最多の17となった。

メジャー通算117本はイチローと並んで日本選手2位タイ。同氏が球団会長付特別補佐兼インストラクターを務めるチームから2戦連続25号を放ち、“イチロー超え”を果たすのか注目される。

マリナーズの先発は昨季サイ・ヤング賞の左腕レイ。昨オフに5年1億1500万ドル(約155億円)で合意し、今季はここまで8勝8敗、防御率4・11の成績を残している。エンゼルス戦の登板は今季2度目で、6月17日は7回1失点、10奪三振で勝利投手。大谷は休養のために出場しておらず、今回が初対戦となる。

エンゼルスは対左腕用の打線を組み、前日の試合で4号ソロを放ったアデルを今季初めて4番に起用した。

▽エンゼルスのラインアップ

1番・右翼 ウォード   打率・272、14本塁打、36打点

2番・DH 大谷     打率・259、24本塁打、64打点

3番・二塁 レンヒーフォ 打率・278、5本塁打、23打点

4番・左翼 アデル    打率・227、4本塁打、14打点

5番・捕手 スタッシ   打率・212、6本塁打、21打点

6番・一塁 ウォルシュ  打率・231、14本塁打、42打点

7番・三塁 ゴセリン   打率・138、0本塁打、2打点

8番・中堅 シエラ    打率・182、0本塁打、0打点

9番・遊撃 ベラスケス  打率・178、5本塁打、22打点

投手 サンドバル  3勝7敗、防御率3・61

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加