小型のムック?それともヒトガタ?玄関先をスタスタと歩く毛むくじゃらの謎生物の正体は?

小型のムック?それともヒトガタ?玄関先をスタスタと歩く毛むくじゃらの謎生物の正体は?

  • カラパイア
  • 更新日:2022/06/23
No image

民家の玄関先に設置された監視カメラが驚きの光景をとらえていた。二本足でスタタタターンと歩いているように見える小さな毛むくじゃらの黒っぽい物体が映し出されていたのだ。

生物であることには間違いないようだが、この形状でこの歩き方をする動物はあまり見たことがない。小さなムックと言った感じだろうか?それとも小型ヒトガタ、あるいは小型ビッグフット?

とても興味深いこの生物の正体はこの後明らかになる。

【他の記事を見る】UMA巨大生物、「ヒトガタ・ニンゲン」

スタスタと玄関先を歩くこの生き物の正体は?

民家の玄関先に夜に出没したというその謎生物は、動き方も形もちょっとユーモラス。丸っぽい頭をしており、毛におおわれていて二足歩行をしているようだ。

ちょこちょこと少しだけその姿を見せた後、さっと画面から消えていった。

No image

おわかりいただけただろうか?感のよい生物処理班のお友達ならピーンと来てしまっただろう。あるいはこの動物が多く生息するアメリカにお住まいのお友達もわかったことだろう。

そうです。これはスカンクなのです。
スカンクが後ろ脚を上げ、逆立ちしながら前脚だけで歩いていたのです。

単独で行動するスカンクは、お尻から強烈な悪臭のする分泌液を噴出し、外敵を撃退することで知られている。

身の危険を感じたり、緊張したりすると、このようにお尻を上げ、逆立ちの状態でいつでも分泌液が発射できる体勢を取るのだそうだ。

こちらはプードゥー人形というかなんというか、ユニークなかわいらしさを放っていて、思わず近づいていきたくなるが、絶対にやめておいた方がいい。

スカンクの噴射する分泌液の臭いはクサイ!なんてレベルじゃない。直接匂いを嗅ごうものなら、悪臭にのたうち回ることになる。

私もアメリカに住んでいた時、同じコミュニティに住む住人が車でスカンクをひいてしまったのだが、その悪臭は10数件あるコミュニティ全体にしみわたり、1か月近くはその臭いに苦しめられたものだよ。

個人的にその臭いは、ゴマ油をすごく酸化させ、腐った卵とブレンドしてニンニクをちょっと加えた感じかな。

written byparumo

・あわせて読みたい→小さいおじさん事案。通報をうけた警察官が撮影したとされるアルゼンチンのエイリアンめいた物体

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加