初心者もマニアも楽しめる! 落ち着いた空間で味わう新感覚のネパール料理

初心者もマニアも楽しめる! 落ち着いた空間で味わう新感覚のネパール料理

  • 食べログマガジン
  • 更新日:2022/11/25

【カレーおじさん \(^o^)/の今週のカレーとスパイス#90】「ピプレー」

ネパール料理といえば大久保エリアが激戦区であり、現地そのままの味が廉価で食べられるお店も多く、マニアが日夜通っています。一方で、現地そのままの味となるとちょっとワイルドだったり慣れない香りや味わいだったりすることから、苦手意識を持つ方も少なくありません。個人的には慣れない味でも3回も食べれば色々と意味がわかってくるものであり、そうなるとおいしいと感じる幅が広がるので人生が豊かになると考えているのですが、いきなりハードコアすぎるお店に当たってしまうと、新たな魅力に気づく前に毛嫌いするようになってしまう場合もあるかと思います。

No image

今回ご紹介する「ピプレー」はネパール料理の魅力をスマートに教えてくれるお店です。こちらのお店は小川町「グレビー」の姉妹店。本連載でも以前ご紹介したお店です。

場所は春日駅の近く。えんま通り商店街にある建物の2階に、2022年10月にオープンしました。以前はインドネパール系のお店が入っていた場所ですが、雰囲気はガラリと変わって上品で落ち着いた空間に。

No image

メニューはダルバートをはじめネパール料理からインド料理まであるのですが、せっかくですからここではネパール料理を頼みたいところ。

No image

夜は昼よりも少し高めな値段設定となっているのですが、どうせなら一番豪華なものをということで、本日のおすすめ「ダルバート」2,200円を注文しました。

No image

「ダルバート」

内容は、ダル、バスマティライス、骨と皮付きラムのジョル(スープタイプのカレー)、野菜とえびのサブジ(スパイス炒め煮)、アルサデコ(じゃがいものスパイスあえ)、サグ(青菜炒め)、そしてアチャール(スパイス漬物)が大根、きゅうり、トマト、にんじんの4種類という絢爛豪華なダルバートです。

No image

どれも上品で華やかなテイスト。洗練されたダルバートといった印象。特に野菜へのこだわりがあるお店ですから野菜料理がおすすめ。サブジにえびが入っているのが珍しく、食べてみれば確かに意外と相性が良いなと感じました。ラムも骨付きの皮付き。ブリブリの食感でしみじみとおいしい。

No image

これだけでも十分な満足感なのですが「焼きモモ」400円も注文。

No image

「焼きモモ」

モモとは小籠包のようなネパール料理なのですが、それを焼いたもの。つまりはほぼ餃子です。これにゴルベラコアチャール(ネパールのトマトチャツネ)が少しのっているという形。こちらのゴルベラコアチャールは甘味が強い個性派です。

No image

一味違うネパール料理なのですが、作っているのも接客もネパールの方。ですから現地料理好きなマニアにとっては面白い個性派と感じられますし、現地料理に慣れていない方にとってもインド料理とは違う新たな魅力に気づくことができる料理だと言えるでしょう。

メニューはグレビーとほぼ同じですがグレビーにないものもありますし、逆に言えばピプレーにないものがグレビーにあったりするのが良いです。どちらかを気に入れば、もう一方へ行くきっかけになりますから。グレビー好きな方は是非ともピプレーに行ってみてください。そしてピプレーを気に入った方は是非グレビーに行ってみてください。そのようにして段々とネパール料理ファンが増えていくと良いなと思っています。

※価格はすべて税込

<店舗情報>
◆Piple
住所 : 東京都文京区小石川2-24-14 2F
TEL : 03-3814-1169

※外出される際は人混みの多い場所は避け、各自治体の情報をご参照の上、感染症対策を実施し十分にご留意ください。

※営業時間やメニュー等の内容に変更が生じる可能性があるため、最新の情報はお店のSNSやホームページ等で事前にご確認をお願いします。

文・写真:カレーおじさん\(^o^)/

The post初心者もマニアも楽しめる! 落ち着いた空間で味わう新感覚のネパール料理first appeared on食べログマガジン.

カレーおじさん\(^o^)/カレーおじさん\(^o^)/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加