現役Jリーガーも!バルセロナとミランでプレーした印象的な5人と忘却の5人

現役Jリーガーも!バルセロナとミランでプレーした印象的な5人と忘却の5人

  • Qoly
  • 更新日:2021/10/14
No image

バルセロナがミランMFフランク・ケシエを来夏にフリーで獲得する可能性があるとスペイン紙が報じた。

ここでは、バルサとミランの両チームでプレーしたなかで、印象に残っている選手とそうでもない選手を勝手に選んでみた。

印象的:ズラタン・イブラヒモヴィッチ

No image

バルサ所属期間:2009-2010(46試合出場)

ミラン所属期間:2010~2012、2020~(133試合出場)

インテルからバルサに加入したイブラには大きな期待が寄せられていた。だが、実質1年で退団することに(ミランへは当初ローン移籍で、1年後に完全移籍)。

バルサでは22ゴールと一定の結果は残したものの、ジョゼップ・グアルディオラ監督との関係が崩壊してしまった。それだけに印象も強いが…。

印象的:ロナウド

No image

バルサ所属期間:1996-1997(49試合出場)

ミラン所属期間:2007冬-2008(20試合出場)

レアル・マドリー、バルサ、ミラン、インテルでプレーした経験を持つ最強ストライカー。

バルサにいたのは1年だけだが、49試合で47ゴールという凄まじい得点記録を残したほか、コンポステラ戦での伝説ゴールなど強烈な印象が残っている。

ミランにも1年半しかいなかったが、所属していたイメージは残っているはず。

印象的:ロナウジーニョ

No image

バルサ所属期間:2003~2008(207試合出場)

ミラン所属期間:2008~2011(95試合出場)

PSGから移籍したバルサで世界最高の選手になったブラジルの天才。ただ、怠惰な生活の影響もあり、バルサ晩年からすでに衰えを見せ始めていた。

31歳で移籍したミランではかつての姿は見せられなかったが、プレーした印象は残っている。

印象的:リヴァウド

No image

バルサ所属期間:1997~2002(235試合出場)

ミラン所属期間:2002~2003(40試合出場)

バロンドールも獲得したバルサ時代には世界最強として君臨したブラジル代表レフティ。

30歳で移籍したミランではインパクトを放てずに1年半で退団することに。ロナウジーニョと同じような経歴を辿っているだけに、2人セットで印象に残っている。

ジャンルカ・ザンブロッタ

No image

バルサ所属期間:2006~2008(85試合出場)

ミラン所属期間:2008~2012(107試合出場)

ユヴェントスで右サイドハーフから左サイドバックにコンバートされ、世界的選手へと飛躍したイタリア代表。

ユーヴェのセリエB降格にともない、バルサへ移籍。ただ、スペインではそれほどフィットできずに、イタリアへと帰国した。それでも近年に両チームでプレーした選手として印象には残っている。

5人に絞ったために外れたが、マルク・ファンボメルなども印象に残っている選手かもしれない。

忘却組:エドガー・ダーヴィッツ

No image

ミラン所属期間:1996~1998冬(31試合出場)

バルサ所属期間:2004冬-2004(20試合出場)

闘犬のニックネームと、緑内障対策の「ゴーグル」姿で知られたオランダ代表。

彼と同じようにアヤックス、ミラン、バルサでプレーしたパトリック・クライファート、マイケル・ライジハーの3人から誰を選ぶか迷ったが、ともにミラン時代の印象は薄いかもしれない。

ダーヴィッツの場合はユヴェントス時代の印象が強く、インテルにいたことも忘れられがちかも?

忘却組:マキシ・ロペス

No image

バルサ所属期間:2005冬~2007(19試合出場)

ミラン所属期間:2012冬ー2012(11試合出場)

森本貴幸ともチームメイトだったアルゼンチンの大型FW。マウロ・イカルディに嫁を寝取られたことでも知られる。

バルサでは移籍後初シュートでいきなりゴールを決めるも、通算2得点で退団。半年のローンで加入したミランでも2ゴールに終わっている。

忘却組:フランチェスコ・ココ

No image

ミラン所属期間:1995~2002(79試合出場)

バルサ所属期間:2001ー2002(33試合出場)

イタリア代表として2002年の日韓ワールドカップにも出場したDF。イケメンとしても知られた。

もとはミランでパオロ・マルディーニの後継者として期待されていた逸材。ミランからローン移籍したバルサで1年だけプレーし、その後にインテルへ移籍した。

忘却組:デメトリオ・アルベルティーニ

No image

ミラン所属期間:1988~2002(406試合出場)

バルサ所属期間:2005冬ー2005(6試合出場)

弱冠17歳でデビューしたミランで絶対的な主力に君臨したイタリア代表MF。

33歳だった2005年1月、アタランタとの契約を解除してバルサにフリー移籍した。

ミラン時代にチームメイトだった当時のバルサ監督フランク・ライカールトからチームを助けてほしいと請われて加入。ただ、バルサでの出場は6試合のみに終わり、同年夏に現役を引退している。

忘却組:ボージャン・クルキッチ

No image

バルサ所属期間:2007~2011(163試合出場)

ミラン所属期間:2012-2013(27試合出場)

今年からヴィッセル神戸でプレーしている元スペイン代表FW。

バルサではメッシの記録を塗り替える当時の史上最年少記録(17歳と19日)でトップデビューした。

ローマからのローンでミランに1年だけ所属したが、印象は薄い。

【写真】ミランにいたことが「忘れられている」スター選手9名

ちなみに、本人の発音は、ボージャンではなく、ボヤンだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加