広島・77回目の原爆の日

広島・77回目の原爆の日

  • 広島テレビ ニュース
  • 更新日:2022/08/06
No image

広島は、77回目の「原爆の日」を迎えました。ロシアによるウクライナ侵攻など、緊迫化する国際情勢を踏まえ、広島市の松井市長は改めて「核兵器廃絶」を訴えました。

広島は、77回目の「原爆の日」を迎えました。ロシアによるウクライナ侵攻など、緊迫化する国際情勢を踏まえ、広島市の松井市長は改めて「核兵器廃絶」を訴えました。

平和公園の原爆慰霊碑前では、夜明け前から被爆者や遺族が祈りを捧げていました。 平和記念式典には、岸田総理をはじめ99か国の大使やEU代表。そして、国連のグテーレス事務総長が参列。安倍元総理の銃撃事件を受け、例年以上の警備体制が敷かれました。

■広島市 松井一実市長

「(核兵器禁止条約)締約国会議に是非とも参加し、一刻も早く締約国となり、核兵器廃絶に向けた動きを後押しすることを強く求めます。」

松井広島市長は、被爆地・広島選出の岸田総理に、更に踏み込んだ核兵器廃絶への姿勢を示すように求めました。

この1年になくなった被爆者は4978人で、原爆慰霊碑に納められた死没者は33万3900人余りとなりました。そして被爆者の平均年齢は、84歳を超えました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加