【トマス杯&ユーバー杯2022】「自分のメンタルをコントロールすることができた」(西本)<準決勝/選手コメント-4>

【トマス杯&ユーバー杯2022】「自分のメンタルをコントロールすることができた」(西本)<準決勝/選手コメント-4>

  • BADMINTON SPIRIT
  • 更新日:2022/05/14
No image

5月13日に開催されたバドミントンの世界一を決める国・地域別対抗戦トマス杯&ユーバー杯2022(タイ・バンコク)6日目は、男子ト杯、女子ユ杯ともに準決勝が行なわれた。ここでは、試合後のインタビューに応じた選手のコメントを紹介する。

記事・コメント一覧はこちら

日本の試合予定はこちら

ト杯ユ杯2020の記事はこちら

No image

西本拳太

トマス杯・準決勝第2シングルスに登場し、ジョナタン・クリスティに2-0で勝利!

No image

コートによってシャトルの飛び方が違うので、そこをコントロールするのと、自分のメンタルをコントロールすることができたと思います。(プレッシャーは?)もちろんありましたけど、しっかりそれを跳ね返すことができました。

古賀輝(右)/渡辺勇大

トマス杯・準決勝第2ダブルスに登場し、アルディアント/アルフィアンに2-1で勝利!

古賀 自分たちはディフェンスのほうがアタックより自信があったので、ちょっと勇大に頼った部分がありましたが、カバーをしてもらいながらうまくディフェンスできたと思います。渡辺 (プレッシャーについては?)どの試合もプレッシャーというのは存在しています。相手のほうが格上ですし、プレッシャーを感じていたと思う。僕らはチャレンジャーでやっていけたと思います。構成/バドミントン・マガジン編集部写真/BADMINTONPHOTO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加