ラ・マシアで育った若き天才シャビ・シモンズ、PSGと契約延長へ

ラ・マシアで育った若き天才シャビ・シモンズ、PSGと契約延長へ

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/06/10
No image

シャビ・シモンズ、PSGと契約延長へ

パリ・サンジェルマンは、移籍市場に向けて忙しい夏を過ごしている。
キリアン・エムバペなど、退団の可能性のある選手についての情報を待つ一方で、オフィスでは新加入選手についての作業が行われている。

その一つが、ACミランを退団するGKジャンルイジ・ドンナルンマである。ドンナルンマは今年の6月30日にミランとの契約を終え、他のクラブと自由に交渉することができる。
PSGは同GKを獲得するためのポールポジションにおり、彼の代理人であるミノ・ライオラは既にパリの幹部たちと交渉をしているようだ。

イタリアの移籍事情に詳しい専門ジャーナリスト、ファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ライオラは、PSGとのコンタクトを利用して、同クラブに所属する18歳のシャビ・シモンズの契約更新について話をするという。

FCバルセロナのラ・マシアで育った若き天才シモンズは、2019年にPSGへ移籍。パリとの契約は2022年に切れるため、腰を据えて交渉する時期に来ているのだ。

PSGのSDレオナルドも会長ナーセル・アル=ヘライフィーも、シモンズとの冒険を続けることに非常に興味を持っており、将来のプロジェクトのために彼を念頭に置いている模様。

敏腕代理人はドンナルンマに関するのミーティングの際に、シモンズの問題もテーブルの上に置き、両者の距離を縮めることに着手している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加