ヤクルト・高津監督が安田猛さん偲ぶ「いろいろなことを1年目の僕に教えてくれた」

ヤクルト・高津監督が安田猛さん偲ぶ「いろいろなことを1年目の僕に教えてくれた」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/02/21

ヤクルトは21日、球団OBで1978年に初めてリーグ制覇を果たすなど通算93勝を挙げた左腕、安田猛(やすだ・たけし)氏が、20日午前2時半に胃がんのため、東京都内の自宅で死去したと発表した。

高津臣吾監督(52)は「常に前向きに、常に熱くという印象が強いです」と故人をしのんだ。新人時代の1991年、野村監督のもと投手コーチを務めていたのが安田さん。背番号22の大先輩でもあり「すごく発想が豊かというか、いろいろなことを1年目の僕に教えてくれました。同じ技巧派として、すごく共感できることがたくさんあったし、たくさんのスタートを切らせてくれた投手コーチだと思います」と振り返った。

昨年1月に行われた球団のOB会では言葉を交わしたといい「『頑張れよ。俺もこんなになったけど、まだまだ頑張るよ』と激励してくれました」と明かした。

No image

試合後の囲み取材で安田猛さんの思い出を語ったヤクルト・高津監督=沖縄県浦添市(撮影・今野顕)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加