佐々木蔵之介と片桐はいり、共通点は池袋西口公園と緑魔子!?「東京芸術祭 2022」開幕

佐々木蔵之介と片桐はいり、共通点は池袋西口公園と緑魔子!?「東京芸術祭 2022」開幕

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/09/23

「東京芸術祭 2022 オープニングセレモニー」が23日、池袋西口公園野外劇場「グローバルリングシアター」にて行われ、小池百合子東京都知事、俳優の佐々木蔵之介、片桐はいりらが登壇した。

No image

2016年にスタートし、今年で7回目を迎える「東京芸術祭」は、豊島区池袋エリアを中心に「ひらく」「きわめる」「つながる」をキーワードに展開される都市型総合芸術祭。劇場で上演する演劇やダンス作品だけでなく、ワークショップや街ゆく人が通りすがりで参加できるアートプロジェクトなど、30を超える多種多様なプログラムが集まっている。

冒頭で小池都知事は、芸術祭の見どころを「今回、日本が誇る実力派俳優である佐々木蔵之介さんが主演する喜劇『守銭奴 ザ・マネー・クレージー』や、グローバルリングシアターを舞台に片桐はいりさんが主演する野外劇『嵐が丘』、能楽界を代表する一流の演者による能楽公演『としま能の会』など、現代劇から伝統芸能まで30を超えるプログラムが開催されます」と紹介。

さらに「最近は新興国に参りますと、中心都市ににょきにょきと高層ビルが建っております。どの都市も同じように見えてはいけないわけで、そうした中に彩りを添えるのがアートであり、文化や芸術だと思います。『東京都芸術祭』の期間中、プログラムをお楽しみいただくと同時に、東京都が芸術や文化であふれる都市となるよう皆様方のご協力をお願い申し上げます」と都民に呼びかけた。

No image

後半は佐々木と片桐によるトークセッション。それぞれ整備される前の池袋西口公園で舞台出演を経験し、観劇デビューも「本多劇場がオープンした時の緑魔子さんと柄本明さんの『秘密の花園』」(片桐)、「唐十郎さんの『下町唐座』を見に行ったら緑魔子さんと唐さんがいて“これが演劇体験なんだ”と圧倒された」(佐々木)と意外な共通点の多い2人。

テント芝居をしていたという片桐は「完全に野外ではないんですけど、テントの上に雨が降るとバーっというものすごい音がするんです。“うわ~、すごい拍手”と思って出て行ったら雨の音だった(笑)」と笑顔に。

主要演目『嵐が丘』『守銭奴 ザ・マネー・クレージー』の見どころは?

エミリー・ブロンテの名作を大胆に再構成した『嵐が丘』に出演する片桐は、会場となるグローバルリングシアターを見渡し「この円形を全部使ってやることになるんですけど、けっこうすごいことだなと今改めて思っています。映画館や劇場は魔法の箱と言いますか、劇場に入っていくことでかかる魔法ってあるじゃないですか。その箱がないところでどれだけできるのかはけっこうなチャレンジ」と目を見張る。

『嵐が丘』の見どころを「『嵐が丘』って恋愛劇で、濃密な人間関係のお芝居というイメージじゃないですか。改めて読んでみるとあまりにも激しすぎて、キャサリンという人は自然災害に近いような存在なんじゃないかと思い始めています。雨、風、雑踏の音、車の音、ネオン……街にあるものを全部取り込んでお芝居ができたらいいなと思うのと、通行していて“邪魔だな”という方にも見て、触れていただいて次に劇場の扉を開けるきっかけになれば」と語った。

No image

ルーマニアの鬼才シルヴィウ・プルカレーテ演出による『守銭奴 ザ・マネー・クレージー』に出演する佐々木は、前回タッグを組んだ『リチャード三世』(2017年)を「プルカリーテさんは“このシーンはこうなるだろう”と思って稽古場に行くと、毎回僕たちの想像を超えて全然違う方向から演出がくる(笑)。2~3時間やると帰っていって、帰ったあとに稽古すると全く違うものになるんです。今まであったことのない豊かな時間で、毎日稽古場が楽しくて仕方なかった」と振り返る。

「人間の汚らしさとか陰険さ、悪いところをもっと残酷に美しく、強烈なユーモアを持って演出される。汚いものを美しく演出する方なので、『守銭奴』のお金に汚い彼をどんなふうに演出されるのか。喜劇なんだけどちょっとヨーロピアンで……どんなふうになるのか稽古が楽しみですね」と期待を寄せる。

『守銭奴』の見どころを「自分の息子や娘よりもお金に愛情があって、執着している奴。1ミリも共感できないし、誰も幸せにならない。お金を貯めるだけで使わないので生産性がないんです。反面教師というか、これじゃだめだなと思う役です」とPRした。

オープニングセレモニーでは『となり街の知らない踊り子』に出演するダンサーの北尾亘(Baobab)が手話ソング「ありがとうの花」を披露し、小池都知事と近藤誠一東京芸術祭実行委員長の開幕宣言とともに金色のテープが発射され、華々しくスタートを切った。

No image
No image
No image

「東京芸術祭 2022」【期間】9月1日(木)〜12月11日(日)【URL】https://tokyo-festival.jp/2022/

TakahashiHanae

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加