ローランド、「TR-808」「JUPITER-8」などのソフト音源が最新Macでフル活用可能に

ローランド、「TR-808」「JUPITER-8」などのソフト音源が最新Macでフル活用可能に

  • BARKS
  • 更新日:2021/07/21
No image

ローランドが、クラウド・ベースのプラットフォーム「Roland Cloud」で提供している音楽制作用の高品位なソフトウェア音源のAppleシリコンへのネイティブ対応を開始する。

「Roland Cloud」は、高品位なプラグイン音源やソフトウェアを提供するクラウド・ベースのプラットフォーム。現代の音楽制作やライブ演奏に最適化したソフトウェア/コンテンツを提供している。約50年にわたるシンセサイザーの研究開発で培った、独自のモデリング技術やノウハウによって、歴史的な電子楽器として評価の高いローランドのシンセサイザー「JUPITER-8」や「JUNO-106」、リズム・コンポーザー「TR-808」などを、ハードウェア固有の「振る舞い」まで精密に再現している。

高精度のモデリング音源を使うには、コンピュータの高い処理能力を必要とする。今回、Appleシリコンを搭載するMacコンピュータへのネイティブ対応によって、「Roland Cloud」の28の音源(※)の性能をフルに発揮することが可能となり音楽表現の可能性を大きく広げることになった。

※Appleシリコンにネイティブ対応する「Roland Cloud」のプラグイン音源
「ZENOLOGY」「SYSTEM-1」「SYSTEM-8」「JUNO-60」「TR-606」「D-50」「JX-3P」「PROMARS」「SH-101」「JUNO-106」「SYSTEM-100」「TB-303」「TR-808」「JUPITER-8」「JV-1080」「TR-909」「SH-2」「SRX BRASS」「SRX DANCE TRAX」「SRX ELECTRIC PIANO」「SRX KEYBOARDS」「SRX ORCHESTRA」「SRX STRINGS」「SRX STUDIO」「SRX WORLD」「SRX PIANO I」「SRX PIANO I」「XV-5080」

「Roland Cloud」では、歴代のローランド・シンセサイザーや人気リズムマシンの数々を網羅する「Legendaryシリーズ」や、最新の音源システム「ZEN-Coreシンセシス・システム」の高品位なサウンドを音楽制作に活用できる「ZENOLOGYシリーズ」、アコースティック楽器の表情豊かな音色を再現する「Teraシリーズ」など、現在50以上のタイトルをラインアップ。「Rolandアカウント」を取得することで始める無料の「Free」プランをはじめ、「Core」、「Pro」、「Ultimate」という3種類の有料メンバーシップを用意。使いたいコンテンツに応じてプランを選択できる。

関連リンク

◆「Roland Cloud」詳細ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加