小室眞子さん、お買い物風景から読み取る「自炊生活」の日々!

小室眞子さん、お買い物風景から読み取る「自炊生活」の日々!

  • asageiMUSE-アサ芸ミューズ
  • 更新日:2021/11/25
No image

夫の小室圭さんとともに米ニューヨークのマンションに引っ越した小室眞子さん。現地のメディアでは家賃4800ドル(約55万円)の1ベッドルームが新居と報じられているが、高額な家賃とは裏腹に、日々の生活では相当節約しているようだ。

日本のメディアが取材競争を過熱させないように申し合わせしたと伝えられるなか、元プリンセスと言えど容赦しないのが現地メディア。なかでもイギリスのタブロイド紙「デイリー・メール」は英王室に対する取材と同様に、眞子さんに関してもショッピングの様子を動画や写真で伝えている。

その内容は、店内で何をショッピングカートに入れたのかまで報じるという、日本では考えられない密着ぶり。眞子さんは「Bed, Bath & Beyond」という現地の生活用品店にてバスタオルやハンガーなどを購入しており、どうやら生活に必要な身の回りの物から揃えている段階のようだ。

「デイリー・メール紙の動画では、同店の紙袋を手に歩く眞子さんの姿を直撃。そのほかに生活用品スーパー大手『ターゲット』の袋も手にしており、まずは日用品を揃えているようです。余談ですがアメリカにはタオルケットというものが存在しないので、もし眞子さんがタオルケットを探しまくっているのであれば、日本から送ってもらうほうが早くて確実でしょう」(アメリカ在住経験を持つライター)

No image

アメリカのスーパーマーケット。青果類は基本的に量り売りとなっている。

そんな眞子さんのお買い物風景からは、小室家では自炊しているらしいことが分かるという。ニューヨークの高所得者層では食事を外食で済ます家庭も珍しくないなか、どうやら小室夫妻は食費を節約する意向のようだ。

眞子さんのお買い物を報じた画像のなかに『food prep』と書かれたコーナーを覗いているものがあります。これは作り置き用の容器、いわゆるストッカーのことで、自炊派には必須のアイテムです。アメリカの賃貸マンションは基本的に家具付きで、冷蔵庫や電気オーブンといった家電製品はもちろん、調理器具やお皿・カトラリー類も用意されているもの。それゆえ自炊のためにフライパンや包丁を買う必要はないのですが、さすがにストッカーまでは用意されていないので、眞子さんがfood prepをチェックしていたことは、小室家の自炊派ぶりを示していると考えてよさそうです」(前出・ライター)

日本人の現地在住者には自炊する人が多く、アジア系スーパーには日本のカレールーや味噌なども売られている。果たして小室家ではどんな料理を作るのか、ついつい気になってしまうところだろう。

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

asageiMUSE-アサ芸ミューズ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加