【ロッテ】佐々木朗希トップタイ無傷4勝目 7回1失点「高部さんが特に」全出塁得点高部に感謝

【ロッテ】佐々木朗希トップタイ無傷4勝目 7回1失点「高部さんが特に」全出塁得点高部に感謝

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/05/13
No image

オリックス対ロッテ 6回裏オリックス2死二、三塁、バレラを三振に仕留めピンチを脱したロッテ先発の佐々木朗(左)は松川とグータッチを交わし声を上げる(撮影・垰建太)

<オリックス1-4ロッテ>◇13日◇京セラドーム大阪

ロッテ佐々木朗希投手(20)がハーラートップタイの4勝目を挙げた。今季7度目の先発登板は7回6安打1失点。最速は163キロで7奪三振、今季3度目の無死四球だった。

これで今季のオリックス戦は3戦3勝で「本当に素晴らしい打線なので、どうにか1失点に抑えることができてよかったです。けっこうヒットを打たれながらだったんですけど、どうにか7回まで、ギリギリ投げることが出来ました」と謙虚に振り返った。佐々木朗の白星は同対戦だった4月24日以来、19日ぶりで5月は初勝利。昨季から自身は6連勝となった。

打線も初回にレアードの犠飛で先制し、3回には中村奨の右前適時打、8回には佐藤都のスクイズとレアードの2試合連続となる4号ソロで4得点としっかり援護した。1番高部は2打数2安打2四球と全出塁で3盗塁を決めて3得点。佐々木朗もヒーローインタビューでは「高部さんが特に、いっぱい打ってくれて、走ってくれたので本当に感謝しています」と、あえて名前を挙げて感謝した。

オリックス打線が積極的にファーストストライクを狙ってくる中で、この日は3回に対戦した9番伏見への2球目、142キロのフォークで初めて空振りを奪った。奪三振も3回に2打席目だった2番宗からが初めてとなったが、中盤以降はペースアップ。4回から降板した7回まで毎回奪三振をマークした。

佐々木朗の快投でチームは3連勝となり、オリックスを抜いて4位に浮上。佐々木朗は「明日も勝ってくれると思うので、応援よろしくお願いします」と、ロッテファンに呼びかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加