里崎氏がみたヤクルト・村上宗隆vs中日・高橋宏斗

里崎氏がみたヤクルト・村上宗隆vs中日・高橋宏斗

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/09/23
No image

中日・髙橋宏斗 (C) Kyodo News

● ヤクルト 0 - 3 中日 ○
<25回戦・神宮>

22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-中日戦』で解説を務めた里崎智也氏が、現在打率、本塁打、リーグトップを走るヤクルト・村上宗隆と、中日の高卒2年目・高橋宏斗の対戦について言及した。

9月4日の対戦では6回に村上が高橋の投じた141キロのスプリットを左中間に放り込むなど、試合前までの対戦成績は7打数3安打、2本塁打。

▼ 第1打席 空振り三振(0-0の2回無死走者なし)
「アウトコースのストレートから入って際どいコースでフォークボールで落として、最後はインコース高めのストレートでしたけど、打つ球はなかったですね。今のは投げた高橋の方が素晴らしかった。ミスコントロールが一切なかったですね」

▼ 第2打席 見逃し三振(0-0の4回二死走者なし)
「(1ボール2ストライク後)今も外スラでストライクをとって、2ストライク目もカットボールインローにいってファウル、緩急をつけて最後どうなるか(2ボール2ストライクから外角157キロストレート見逃し三振)いっぱいのところでしたね」

▼ 第3打席 左飛(0-3の7回一死一塁)
「角度は上がったんですけど、ちょっと合わせただけになりましたよね。しかもアウトローのいいところでしたし、バットの先っぽになってしまいましたね」

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加