ニュルブルクリンクが3月に亡くなったザビーネ・シュミッツに敬意を表しT13コーナーに命名

ニュルブルクリンクが3月に亡くなったザビーネ・シュミッツに敬意を表しT13コーナーに命名

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2021/09/15
No image

2021年3月21日、2017年からがんと闘病し、51歳の若さで亡くなったレーシングドライバーであり、フリカデッリ・レーシングの共同オーナーでもあったザビーネ・シュミッツ。名実ともに『ニュルの女王』として君臨した彼女に敬意を表し、ニュルブルクリンクはグランプリコースからノルドシュライフェに入るトリビューン13を『Sabine-Schmitz-Kurve(ザビーネ・シュミッツ・カーブ)』と名づけた。

ザビーネ・シュミッツは、ニュルブルク近郊の町アーデナウで生まれ、母がニュルブルクでホテルを経営していることもあり、幼少からニュルは彼女にとってまるで2つ目のリビングルームのような存在だった。

そんなザビーネは、若い頃からツーリスト走行枠で毎日のようにノルドシュライフェを走り、やがて乗客を乗せて走る『リンクタクシー』のドライバーとして数多くのツーリストを載せ、迫力ある走りで乗客たちを楽しませた。

さらに1996年にはBMW M3を駆り、ニュルブルクリンク24時間史上初となる女性ドライバーの総合優勝に輝き、その翌年には連覇を成し遂げ、名実ともに『ニュルの女王』として君臨。その記録はまだ他の女性ドライバーの誰にも破られていない。

その愛くるしい笑顔と気さくな人柄で、世界中のファンから愛され、ニュルブルクリンクに長年貢献した彼女だったが、2017年からがんを患い、3月21日に51歳の若さで亡くなったザビーネ。彼女に敬意を表し、ニュルブルクリンクはグランプリコースからノルドシュライフェに入る左コーナーのトリビューン13を、『ザビーネ・シュミッツ・カーブ』と命名することになった。

NLSニュルブルクリンク耐久シリーズ第7戦前日の9月10日には、ニュルブルクでホテル『ティアガルテン』を経営するザビーネの母と、ザビーネの夫でありフリカデッリ・レーシングのオーナー兼ジェントルマンドライバーとして活躍するクラウス・アッベレンら家族とニュルブルクリンクの関係者が集い、新設されたザビーネ・シュミッツ・カーブの看板の序幕式が行われた。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために事前告知は行わず、ファンやレース関係者の出席は見送られ、近親者のみの参列となったが、「このような素晴らしい栄誉と機会にニュルブルクリンクに心から感謝するとともに、彼女は私たちみんなの心の中だけではなく、まるで彼女のリビングルームでもあるニュルのノルドシュライフェにしっかりと根づき、この地で生き続けているだろう」と遺族は感謝の言葉を述べている。

No image

ニュルブルクリンクのトリビューン13が『ザビーネ・シュミッツ・カーブ』と名づけられた。

No image

ニュルブルクリンクのトリビューン13が『ザビーネ・シュミッツ・カーブ』と名づけられた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加