児童がブルーベリー収穫 地域の農産物学ぶ

児童がブルーベリー収穫 地域の農産物学ぶ

  • FBC 福井放送
  • 更新日:2022/06/23
No image

児童がブルーベリー収穫 地域の農産物学ぶ

地域の農産物について学ぼうと、福井市の東藤島小学校の5年生が市内の農園でブルーベリーの収穫を体験し、摘みたてを味わった。同校では15年前から体験を続けている。(6月23日)

23日はおよそ2000本の木の中から、濃い色に熟した実を選んで、味見をしながら1つ1つ丁寧に摘み取った。児童は「今までは普通に食べていたブルーベリーだけど、取り方が初めて分かって良かった」とか「ものすごく甘くておいしかった」と話した。

農園によると、今年は天候が安定し、日照時間も十分だったことから、去年より出来は良く、甘みも強いという。摘み取り体験は7月末まで楽しめる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加