NGT48藤崎未夢がお気に入りのキャンプギアを一挙公開。「女性でも使いやすかったり、見た目がおしゃれなものを集めていきたい」

NGT48藤崎未夢がお気に入りのキャンプギアを一挙公開。「女性でも使いやすかったり、見た目がおしゃれなものを集めていきたい」

  • Sportiva
  • 更新日:2021/11/25

NGT48藤崎未夢・インタビュー後編

「お気に入りのキャンプ道具」

子どもの頃から家族でキャンプを楽しんでいるというNGT48の藤崎未夢さんが、お気に入りのキャンプ道具を紹介。取材当日、初めて自分で買った思い入れのある道具や売り切れ続出の大人気ギアなどを、日本のアウトドアブランドのメッカとして知られ、藤崎さんの地元である新潟から持参してくれた。アウトドアスキルが上がりそうなギアをチェックして、次のキャンプの充実度を向上させよう。

【写真】キャンパーアイドルNGT48藤崎未夢・厳選カット集(12枚)

No image

お気に入りのキャンプ道具について語るNGT48の藤崎未夢さん

──新潟県出身で地元を拠点に活躍する藤崎さん。キャンプ道具も地元のものが多いですか?

藤崎未夢(以下、藤崎) 新潟には、本当にたくさんのアウトドアブランドがあります。キャンパーから絶大な人気を誇る「スノーピーク」や「キャプテンスタッグ」「ユニフレーム」「村の鍛冶屋」......と、数えきれないほど。地元で活動している私が、アウトドアのお仕事をさせていただくのであれば、私にしか伝えられない「新潟の銘品」を使ったり、発信したりしていきたいと思っているんです。

──新潟の道具といえば、古くから地場産業として刃物や金物の製造をしていた燕三条エリアが有名です。藤崎さんも、そちらへ行くことがありますか?

藤崎 最近はキャンプに関するお仕事で、燕三条など新潟にあるメーカーに伺う機会が増えました。そこで、今まで自分がしてきたファミリーキャンプの道具とは違うものとの出合いがたくさんあって。たとえば、以前は焚き火をした経験がなかったんですけど、取材で行った「馬場長金物」で焚き火の魅力を教えてもらって、とっても好きになりました。

──いい道具との出合いが、キャンプをより充実させているんですね。

藤崎 今、すごくアウトドアがはやっているなかで、いろんなタイプの道具が作られています。家族でよくキャンプをしていた頃は、父がそろえた"ガチめ"な道具ばかりでしたが(笑)。私は女性でも使いやすかったり、見た目がおしゃれだったりするものを集めていきたいなと思っています。将来は、ひとりでキャンプをするのが目標なんですけど、その時に全部のギアを新潟発ブランドのものでそろえるのが夢です!

No image

藤崎さんが薪割りで愛用している斧と鉈

●愛用品(1)

「馬場長金物」の斧と鉈

藤崎 焚き火にハマるきっかけになった、斧(おの)と鉈(なた)。焚き火って、ひとりでボーッと見ているだけでもいいし、誰かと一緒に囲んでいたらいろんな話ができて心の距離が縮まるので、その楽しさを知れて本当によかったです。

馬場長金物では「BABACHOブランド」として、キャンプの焚き火で使いやすい「多喜火斧」や「多喜火鉈」を展開していて、すごい人気に! 私は、薪を割るバトニングや、火をつけるときに役立つフェザースティックづくりに活用しています。

この斧と鉈は、両刃仕様というのがポイント。両方の刃が鋭角なので、薪に刺したときにまっすぐに入って、スッときれいに割れるんです。両刃仕様は左利きでも使いやすいところも、個人的にはありがたいですね。

No image

キャンプでの調理で使用しているというダッチオーブン

●愛用品(2)

「村の鍛冶屋」のダッチオーブン 8インチ

藤崎 山谷産業が運営する「村の鍛冶屋」のコンパクトなダッチオーブン。1〜2人でのキャンプに使いやすいんです。私はこれでスープやチャーシューを作りました。食べたみんなも「すごくおいしい!」と言ってくれて、喜んでもらえるのがうれしかったですね。

このダッチオーブンはステンレスとアルミの三層鋼なので、軽くてお手入れが簡単なのもいいところ。少し扱いづらいイメージのあるアイテムですが、これなら普通に洗剤で洗えるし、サビにくいから便利です。

ちなみに、藤崎家のキャンプの定番料理は、ダッチオーブンで作る丸鶏のロースト。丸鶏にハーブをすり込んで、まわりに野菜をゴロンと入れて、炭火でじっくり火を通して作るんです。外で食べるごはんは特別感があって、本当においしいです!

No image

初めて買ったキャンプ道具というLEDランタン

●愛用品(3)

「キャプテンスタッグ」のLEDランタン

藤崎 私が、自分ではじめて買ったランタンです。ランタンってキャンプだけじゃなく、災害時も使えます。だから、キャンプギアのなかで特に重要なんじゃないかなと思って、お気に入りのものを探しました。

気に入ったポイントは、まず新潟の会社が作っていること! そして、使い勝手もよくて、5WAYでいろんな使い方ができるんです。

ステンドグラス風シートつきだから、雰囲気のいい照明になるのがかわいくて。シートを取り外すと、普通の明かりとしても楽しめます。あと、上下をセパレートできて、ランタンタイプと吊り下げタイプに分けられるから、テントの中と外で、ふたつ同時に使うことも。明るさも調節でき、シーンによって印象を変えられるのもよくて。思い出がたくさん詰まっています。

No image

藤崎さんお気に入りのマグカップ

●愛用品(4)

「キャプテンスタッグ」のマグカップ

藤崎 温かいコーヒーなどを飲む時に役立つのが、アウトドア仕様のマグカップ。私が使っているのは、NGT48で18歳の生誕祭をしていただいた時のもの。生誕祭のテーマが「キャンプ」で、ファンの方々が、舞台にアウトドアグッズをたくさん並べてくれて。その時のマグカップとカトラリーを、ありがたく使わせてもらっています。

当時はまだ、キャンプが「自分の個性」とは感じていなくて。生誕祭をきっかけにアウトドアのお仕事をするようになって、私のキャラクターのひとつになったので、とても感謝しています。そういう大切な思い出があるアイテムをキャンプに連れていくと、幸せな気分になれますよ。

(終わり)

【profile】

藤崎未夢 ふじさき・みゆ

NGT48メンバー。新潟県新潟市出身。NGT48の5枚目シングルでセンターを務める。趣味を生かしたキャンパーアイドルとしても活躍。お気に入りのキャンプ場は、新潟県三条市にある「スノーピーク ヘッドクォーターズ キャンプフィールド」。

ーーー

●撮影協力PICAさがみ湖(さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト内)

辻 歌●取材・文 text by Tsuji Uta

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加