JR東海、金山駅 4番線ホームで12月1日からホーム可動柵使用

JR東海、金山駅 4番線ホームで12月1日からホーム可動柵使用

  • トラベル Watch
  • 更新日:2021/11/25

2021年11月22日 発表

No image

金山駅 4番線ホームで12月1日からホーム可動柵を使用開始

JR東海(東海旅客鉄道)は、12月1日から金山駅 4番線ホーム(東海道線下り)でホーム可動柵の使用を開始する。

JR東海では在来線ホームの安全性向上のため、名古屋駅、金山駅、刈谷駅で可動柵の設置を推進している。

東海道本線では、快速、普通列車に使用するドア位置が異なる311系/313系、4両/6両/8両編成に対応するため、扉が左右に広く開くタイプの柵を使用。現在、使用開始に向けて最終的な試験などを実施している。

編集部:多和田新也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加