日本代表、新ユニフォーム“初ゴール”は鎌田大地 アメリカ戦で先制ゴール奪取

日本代表、新ユニフォーム“初ゴール”は鎌田大地 アメリカ戦で先制ゴール奪取

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/09/23
No image

先制ゴールを決めたMF鎌田大地(写真中央)【写真:ロイター】

ドイツのデュッセルドルフでアメリカと対戦

日本代表は9月23日、ドイツのデュッセルドルフでアメリカ代表との国際親善試合に臨んだ。前半27分には、MF鎌田大地(フランクフルト)が先制ゴールをマーク。一度はオフサイドと判定されたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)チェックの結果、ゴールが認められている。

カタール・ワールドカップ(W杯)出場を決めているアメリカに、危ない場面を作られながらも無失点で乗り切った日本は、高い位置での守備が機能。良い形でボールを奪い、少ない手数でアメリカのゴールに迫る場面が目立った。

迎えた前半25分、日本は高い位置でのプレスでMF伊東純也(スタッド・ランス)が相手のパスをカット。MF守田英正(スポルティング)につなぐと、守田が冷静に左へパス。ここで待ち構えていた鎌田が右足でゴール右にシュートを流し込み、先制点を挙げた。

ゴールを挙げた直後、副審がフラッグを挙げてオフサイドをアピール。しかし、VARのチェックが入った結果、鎌田はオンサイドにいたことが確認されて、得点は認められた。この日は『オリガミ』デザインのW杯仕様のユニフォームでの初試合。新ユニフォームでの初ゴールは、鎌田となった。

ゴールが決まり、沸いたスタジアムはVAR判定に一度は落胆したものの、得点が認められて選手たちが喜ぶと、その姿を確認して再び沸き上がった。得点後も森保ジャパンは、相手陣内で長い時間、試合を進めており、さらなるゴールが期待される。(河合 拓 / Taku Kawai)

河合 拓

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加