小山田圭吾らのバンドMETAFIVEが緊急事態宣言など受けライブを中止

小山田圭吾らのバンドMETAFIVEが緊急事態宣言など受けライブを中止

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/22
No image

小山田圭吾、高橋幸宏、TOWA TEIらソロアーティスト6人で結成されたバンド「METAFIVE」が、26日にKT Zepp Yokohamaで開催予定だったライブを中止した。21日、チケット発売元「HOT STUFF PROMOTION」の公式サイト、バンドの公式フェイスブックなどで発表された。

理由は、「緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の発出および新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑みて公演開催について協議した結果、この度の公演はお客様・出演者・スタッフの安全を第一に考え、開催中止という結論に至りました」という。「直前のご案内となりましたことを改めて深くお詫(わ)び申し上げます」と謝罪している。チケットの払い戻しなどの詳細は、チケット発売元の公式サイト、バンドの公式フェイスブックで。

メンバーの小山田をめぐっては、過去の雑誌インタビューで学生時代行っていたいじめ告白の内容に批判が相次ぎ、予定されていた「東京2020オリンピック・パラリンピック大会」開会式の楽曲制作について19日、辞退する意向を発表したばかり。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加