【朝のニュース6選】米国に中国牽制/韓国市長選は?

【朝のニュース6選】米国に中国牽制/韓国市長選は?

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/04/08
No image

動画を見る(元記事へ)

8日朝の注目ニュースを短くまとめます。

■東京“まん延防止”週内決定も

東京都の7日の新型コロナウイルスの新規感染者は、555人でした。500人を超えたのは、約2カ月ぶりです。

小池百合子知事は、「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請する準備に入ると明らかにしました。

週内にも、適用の決定が出される可能性があります。

■大阪では過去最多の878人感染

大阪府では、7日も過去最多を更新し、878人の感染者が確認されました。

また、これまでの全国のワクチン総接種回数は139万3108回となっています。

■米国“五輪不参加示唆”に中国反発

人権問題を理由に、アメリカ国務省の報道官が、来年の北京冬季オリンピックをボイコットする可能性を示唆したことに対し、中国外務省は「強い反撃を招くことになる」と牽制(けんせい)しました。

■原発処理水を菅総理「近日中に判断」

菅総理は、福島第一原子力発電所に溜まる処理水の処分に関し、全国漁業協同組合連合会の岸会長と、総理官邸で会談しました。

会談後、菅総理は処分方法について「近日中に判断したい」と話しました。

■“韓国市長選挙”で野党が圧倒

韓国で次期大統領選挙の“前哨戦”とされるソウルと釜山の市長選挙は、与党の惨敗に終わりました。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領のさらなる影響力の低下は決定的で、1年後に迫る大統領選挙で与党が敗れるシナリオも、現実味を増しています。

■五輪警察官宿舎“48億円”ムダに

総費用は48億円です。

オリンピック・パラリンピックの警備にあたる警察官用の宿舎が、政府の方針を受け、約37億円かけて新型コロナ患者の療養施設に改修されましたが、その後、一度も使われることなく、今度は、約11億円をかけて元に戻す工事が始まっています。

(「グッド!モーニング」2021年4月8日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加