NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
初戦ベンチ外の冨安は左足首の負傷...森保監督「今のところ、いつまでに戻ると話せる状態ではない」

初戦ベンチ外の冨安は左足首の負傷...森保監督「今のところ、いつまでに戻ると話せる状態ではない」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/23
No image

[7.22 東京五輪GL第1節 U-24日本 1-0 U-24南アフリカ 東京]

大事な東京五輪初戦。しかし、A代表のレギュラーでもあるU-24日本代表DF冨安健洋(ボローニャ)の名前はなく、ベンチ外となった。

試合後に、森保一監督が冨安の現況を説明。「昨日の練習で左足首を痛めて、出場を見送った」。次戦は中2日で第2節を迎えるが、「経過観察をして、次の試合に出られるかを見たい。傷み具合、コンディションを見て決めたいと思う」と話しながらも、「今のところは、いつまでに戻るとはお話できる状態ではなく、次の試合も可能かもしれないというところです」と続けている。

日本は苦しみながらも初戦の南アフリカ戦に1-0で勝利。25日に行われる次戦は、フランスに4-1の快勝を収めたメキシコとの対戦が待っている。

(取材・文 折戸岳彦)●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加