五輪除外危機の国際重量挙げ連盟、一週間で3人目の会長指名

五輪除外危機の国際重量挙げ連盟、一週間で3人目の会長指名

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/10/17

重量挙げのバーベルに手をかける選手(2019年7月28日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】2024年パリ五輪の実施競技として重量挙げを存続させる闘いが続く中、危機に直面している国際ウエイトリフティング連盟は16日、英国出身のマイケル・イラニ氏を会長代行に指名した。IWFにとって、混乱続きのこの一週間では同氏が3人目の会長となる。 連盟の医療委員長で反ドーピング委員会の元責任者であるイラニ氏は、

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加