死者に対する儀式的な埋葬は3万年前から行われていた(フランス研究)

死者に対する儀式的な埋葬は3万年前から行われていた(フランス研究)

  • カラパイア
  • 更新日:2020/07/01

儀式的な埋葬は3万年前から/iStock 大切な人が亡くなったら葬儀をあげ、最後の別れを告げながらあの世へ送る――私たちにとって当たり前の習慣は、もしかしたら人類の黎明期から始まっていたのかもしれない。
 フランス、ドルドーニュ県キュサック洞窟(Grotte de Cusac)の奥深くには、中・後期旧石器時代の墓地が存在する。
 ここで発見された2万5000~3万年前の遺骨は、赤黄土で色が塗られて

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加