【CLグループA展望】銀河系PSGと盤石シティが大本命! ライプツィヒが2強に挑む

【CLグループA展望】銀河系PSGと盤石シティが大本命! ライプツィヒが2強に挑む

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2021/09/15
No image

2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月14日に開幕する。グループAはパリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・シティの2強に加え、RBライプツィヒによる三つ巴の争いが予想される。

【動画】【公式ウェアを提供】PSGの選手たちがディオールのスーツに身を包む

◆編集部予想

◎本命:パリ・サンジェルマン

○対抗:マンチェスター・シティ

△連下:RBライプツィヒ

☆大穴:クラブ・ブルージュ

◆メッシら加入で新銀河系軍団が誕生~パリ・サンジェルマン~

No image

Getty Images

昨季のベスト4敗退、リーグタイトル逸という屈辱を受け、今夏に超大型補強を敢行した新銀河系軍団が突破の大本命だ。

昨季、途中に解任した前指揮官トゥヘルが途中就任したチェルシーに悲願のビッグイヤーを獲得される屈辱を味わったPSGの首脳陣は今夏、バルセロナを電撃退団したFWメッシ、同じくレアル・マドリーを去ったDFセルヒオ・ラモスというスペイン2強の象徴を獲得したほか、新守護神にドンナルンマ、補強ポイントだった両サイドバックにDFハキム、DFヌーノ・メンデスという若き逸材、百戦錬磨のMFワイナルドゥムを補強。さらに、レアル・マドリーの引き抜きにあっていたFWムバッペの残留にも成功し、世界屈指のスカッドを完成させた。

また、多くの主力不在の中でスタートしたリーグ戦ではここまで5連勝の好スタートを切っており、ポチェッティーノ体制2年目で戦術面の浸透も順調だ。諸刃の剣となりかねないメッシの取り扱いを含め、超強力スカッドの適切な組み合わせ、戦い方を探るためにある程度の時間を要するが、リーグ戦を試行錯誤の場として使いながらグループステージを通して新銀河系軍団の完成を目指すことになる。

◆ストライカーに不安も盤石のスカッド構築~マンチェスター・シティ~

No image

Getty Images

昨季の準優勝チームがPSGの対抗だ。今夏の移籍市場においてはMFグリーリッシュ、FWケインの2人を最重要ターゲットに定め、前者をイングランド史上最高額の1億ポンドで獲得した一方、トッテナムの徹底抗戦に遭い、FWアグエロに代わる新エースストライカー候補だったケインの獲得に失敗。それでも、ケイン獲得のために売却候補に挙がっていたMFベルナルド・シウバ、DFラポルテらが好パフォーマンスを見せており、彼ら残留組が重要な役割を果たしそうだ。

ここまではFWフェラン・トーレスを最前線、FWガブリエウ・ジェズスを右ウイングに固定して起用し、リーグ戦では好結果を手にしているが、難敵が揃うヨーロッパの舞台でその形が引き続き機能するかは微妙なところだ。ただ、開幕時点ではMFデ・ブライネ、MFフォーデンの両司令塔が不在だったこともあり、彼らの復帰によってグリーリッシュを含めた新たな化学変化も期待されるところだ。

PSGに比べて熾烈なプレミアリーグの負担を考慮し次点の扱いだが、チームの成熟度、昨季の準決勝の対戦で勝利している点を考えれば、首位通過の可能性は十二分にあるはずだ。

◆苦しい船出も爆発力に期待~RBライプツィヒ~

No image

Getty Images

一昨シーズンのベスト4、昨シーズンのベスト16とヨーロッパの舞台でも安定した成績を残しているライプツィヒがグループ3番手だ。智将ナーゲルスマンのバイエルン行きを受け、レッドブル・ザルツブルクからマーシュ新監督を招へいした昨季ブンデスリーガ2位チームだが、今季ここまでのリーグ戦で4戦3敗と苦しい船出となっている。

今夏の移籍市場では指揮官と共にDFウパメカノ、MFザビッツァーをバイエルンに引き抜かれ、リバプールに旅立ったDFコナテを含め主力3選手を失うことに。一方で、補強はエースストライカー候補のFWアンドレ・シウバを即戦力として獲得したものの、DFシマカン、MFイライクス、FWブロビーという若手有望株3人は将来性は確かだが、その実力は未知数だ。

そのため、優勝候補2チームを抑えて3年連続の決勝トーナメント進出を果たすためには加入2年目のMFショボスライを含め、新たなスター候補の台頭が必須。また、精神的支柱だったザビッツァーに替わってMFダニ・オルモやMFエンクンク、DFムキエレら若き主力のリーダーとしての振る舞いが求められるところだ。

◆目標は勝ち点奪取~クラブ・ブルージュ~

No image

Getty Images

昨季のベルギー王者の目標は勝ち点奪取だ。優勝候補2チームに加え、ライプツィヒとの実力差は歴然。今夏の移籍市場では元エースFWウェズレイをレンタルで獲得したほか、PSGのアカデミー出身のDFエンソキ、ローマやウォルバーハンプトンの若手有望株であるFWプロヴィデンス、MFオタソウィを獲得。また、国際舞台で実績十分のMFヴァナケン、GKミニョレ、FWドストというベテランも健在だが、如何せん相手が悪すぎる。ホームゲームを軸に何とか粘り強く戦い、まずは勝ち点1、続いて1勝を目標に戦っていきたい。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加