小野花梨主演『プリテンダーズ』スペシャル予告公開 ブレイディみかこの絶賛コメントも

小野花梨主演『プリテンダーズ』スペシャル予告公開 ブレイディみかこの絶賛コメントも

  • Real Sound
  • 更新日:2021/10/14
No image

『プリテンダーズ』(c)2021「プリテンダーズ」製作委員会

10月16日公開の小野花梨主演映画『プリテンダーズ』のスペシャル予告が公開された。

参考:動画はこちらから

本作は、SNSを武器に引きこもりのひねくれ者・花梨(小野花梨)と、花梨の唯一の理解者であり親友・風子(見上愛)、ふたりの女子高校生が騒動を巻き起こす、ブラックで痛快&ハートフルなのに前代未聞なシスターフッドムービー。

主人公・花田花梨を演じるのは、2021年後期のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』への出演が決定している小野。親友・仙道風子を、今年放送されたNHKドラマ『きれいのくに』に出演した見上愛が演じる。そのほか、古舘寛治、奥野瑛太、吉村界人、柳ゆり菜、佐藤玲、加藤諒、浅香航大、村上虹郎、津田寛治、渡辺哲、銀粉蝶らも出演している。

今回公開されたスペシャル予告は、著書の『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』が80万部超えるベストセラーとなっている、ライターのブレイディみかこから寄せられた「前にならえ、右にならえ。ならわされてばっかりだから自分も他者も見えなくなるんだろ。デッドエンドから掴みとった他者とともに自分を生きる道。でも単なるいい話じゃないので、しっかりシートベルトを締めてご覧ください」という応援コメントからはじまり、観客からの「生きづらさ、それに抗う心の叫びが表現されているけど、その根底には他者への理解や愛情がある」「私は花田花梨に共感できることが多くて感情移入できて楽しかったです」といったコメント、演じているキャストの演技について「どこまでが現実でどこまでがお芝居なのか、境目がわからなくなった瞬間があった」「食らいました」「青春映画なんだけどそれだけじゃ終わらない」といった感想とともに本編の映像が捉えられている。 (リアルサウンド編集部)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加