『緊急時』に見失った猫を呼び寄せる5つの秘策!脱走時にも役立つ知識や対処法も

『緊急時』に見失った猫を呼び寄せる5つの秘策!脱走時にも役立つ知識や対処法も

  • ねこちゃんホンポ
  • 更新日:2022/11/27

緊急時に猫を呼び寄せる秘策

No image

1.食べ物を用意する

猫が喜んで姿を現す可能性が高いのは、やはり食べ物をもらえる気配を察知した時でしょう。愛猫のお気に入りのおやつの袋を開ける音やキャットフードの缶を開ける音、美味しそうな香りで呼び寄せることができるかもしれません。食いしん坊な猫には効果的なので、脱走した愛猫を探す際には試してみてください。

2.流水音を聞かせる

猫は砂漠出身の動物なので、水に対する執着心が強いです。水道の水を出したり流水音のする動画を再生したりして水の音を聞かせると、猫が新鮮な水を求めて寄ってくる可能性があるでしょう。

3.猫の鳴き声を聞かせる

猫は猫の鳴き声に対して反応を示すことが多いです。特に加護対象である子猫の鳴き声や、猫同士がケンカをしている声には反応しやすいといわれています。猫の鳴き声で愛猫を呼び寄せたい場合は、猫の動画を探して利用するとよいでしょう。

4.鳥の鳴き声を聞かせる

猫にとって獲物である鳥の鳴き声を聞かせることで、狩猟本能を刺激するのも効果的です。動画サイトで鳥の鳴き声を流せるものが見つかるので、愛猫を呼び寄せたい時に活用してみてください。

5.マタタビを焚く

猫が好む匂いといえばマタタビです。脱走した猫を呼び寄せたい時には、マタタビを焚く作戦が有効だといわれています。ただし野良猫など他の猫もマタタビの匂いにつられて寄ってきてしまう可能性があり、近所迷惑になりかねないので使用の際は注意してください。

またマタタビの過剰摂取は猫の健康を損ねてしまい危険なので、匂いに呼び寄せられた愛猫や野良猫に被害が出ないよう常に見張っている必要があります。

猫が脱走した時の対処法

No image

飼い主さんがどれほど気をつけていても、ふとした拍子に猫が脱走してしまうリスクはあるものです。外の世界に慣れていない猫が自力で家に帰って来られる可能性は決して高くはないので、なんとかして飼い主さんが見つけてあげましょう。

猫が活動するのは夜なので、脱走した猫を捜索するのは夜間がおすすめです。完全室内飼育をしていた猫は家の近くに留まっているケースが多いため、まずは近所を隅々まで探してください。一方、元野良猫など外で暮らした経験がある猫は、遠くまで移動していることも少なくないようです。広い範囲を捜索する必要があるでしょう。

愛猫が脱走したとなっては飼い主さんも平常心ではいられませんが、捜索時は冷静な行動が求められます。大声を出していると猫が怖がって逃げてしまうので、ご紹介した秘策を参考にしつつ、落ち着いた優しい声で名前を呼びながら探しましょう。

音や匂いに引き寄せられた愛猫を、強引に捕まえようとするのはNGです。脱走した猫は気持ちが不安定になっているので、食べ物を与えて気を逸らすなどしながら安全に保護してくださいね。

まとめ

No image

猫は飼い主さんに名前を呼ばれても、スルーしたり軽くしっぽを動かす程度の反応しか見せなかったりすることが少なくありません。普段の暮らしにおいてそれほど困ることはないものの、万が一脱走してしまった時のために猫を呼び寄せる方法は押さえておきたいですね。

今回は音や匂いを利用して猫を呼び寄せる秘訣をご紹介しましたが、いざという時に備えて名前を呼んだら来てくれるように訓練しておくのもおすすめですよ。名前を呼んで反応してくれた時に褒めたりご褒美をあげたりして、「呼ばれたら反応する=いいこと」と学習してもらいましょう。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

猫の危険な『人間に感染する病気』5種

*********************

■ねこちゃんホンポ

ねこちゃんホンポは、愛猫との生活をより豊かにするために作られた情報サイトです。「猫」に関わる幅広いテーマを展開しており、初心者の飼い主さんからベテランのキャットオーナーさまにも役立つような情報を発信しています。

<ライター情報>
森下 咲

森下 咲

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加