NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
市原隼人主演「おいしい給食」の続編決定! 給食マニアの教師VS生徒の静かなる闘いがパワーアップ

市原隼人主演「おいしい給食」の続編決定! 給食マニアの教師VS生徒の静かなる闘いがパワーアップ

  • TVガイド
  • 更新日:2021/07/22
No image

市原隼人主演で2019年10月に放送された連続ドラマ「おいしい給食」の続編、「おいしい給食 season2」が10月からテレビ神奈川、TOKYOMX、BS12 トゥエルビほかで順次放送されることが決定(日時未定)。20年3月公開の映画「劇場版 おいしい給食 Final Battle」の2年後を描く。

本作は、1980年代のある中学校を舞台に、市原演じる給食マニアの教師・甘利田幸男と、佐藤大志扮(ふん)する給食マニアの生徒・神野ゴウによる、どちらが給食を“おいしく食べるか”の闘いを描く学園グルメコメディー。

給食に愛があるがゆえに、それを愛さないヤツを許せない“給食絶対主義者”の甘利田を演じるのは、数々のヒット作で主演を務めてきた市原。ストイックな役どころを多くこなし、シリアスなイメージの強い中、自身初めての“食ものコメディー”にチャレンジし、主演連続ドラマ初のシリーズ化となった。

前作では、クジラの竜田揚げ、ミルメーク、ソフトめんなど懐かしい給食が毎回登場し、「家族そろって見て楽しいドラマ」「主人と久々な会話は『おいしい給食』のおかげです」など視聴者から多くのコメントが寄せられ、深夜ドラマの定番ジャンル「食ドラ」の中で初めて、“選択の余地なき食”=“給食”に挑み、幅広い世代に絶大な支持を得た。

続編となる今回は、前作で転勤になった甘利田が、新しい中学に赴任して2年が経過。相変わらず生徒たちには厳しく接する厳格な教師だが、頭の中は給食のことでいっぱい。毎朝献立を執拗(しつよう)に確認し、ランチタイムに万全を期す。そんな折、甘利田の担任する3年1組に転校生がやって来る。それは、かつて甘利田と給食対決を繰り広げてきた宿敵・ゴウだった――。

続編の決定に、市原は「愛してやまない『おいしい給食』のチームに会えることがどれほどの喜びか、言葉では伝えられません。完全オリジナルの下、手探りで作った世界に、また没頭できることに胸が躍っています」と喜びを表現。さらに、「この作品を応援してくださる多くの皆さまの声により続編が立ち上がりました。皆さまがこの作品を好いてくださる気持ちの100倍、僕はこの作品のファンを愛しております。給食とは、いわば人生で初めての会食です。こんな時代だからこそ、人と顔を向き合わせて味わう“食”がこんなにも楽しいものだということを忘れないでいただきたいです」と感謝とともに作品への熱い思いを明かす。

そして、見どころに関しては「老若男女が世代を超えて楽しめる給食という共通ツールで繰り広げられる、滑稽なまでに給食を愛し、給食に執着する教師と生徒の物語は、唯一無二のノスタルジックな感情を覚えます。すべての方におくる、温かく人情深い、完全に振りきったコメディーです」とアピールする。

また、綾部真弥監督は「いよいよ、あの甘利田先生が帰ってきます! どんな給食メニューが登場し、どのような食べ方をするのか。宿敵・神野ゴウとの対決は!? 自分自身が今からワクワクしています。パワーアップした『おいしい給食』の世界をどうぞご期待ください」とコメントを寄せ、企画と脚本を担当した永森裕二氏は「前作映画で『Final Battle』と言っておきながら、ファイナルじゃないことをお詫びいたします。スタッフ・キャスト共に、この物語を続ける欲が勝ってしましました。今回の甘利田は、下校時に駄菓子屋で買い食いをするという見事な成長を遂げております。シーズン2も新種の“飯テロドラマ”として全回神回を目指し制作してまいります」と意気込みを語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加