本来の目的はお預け? 元学校長「散策のつどい」〈海老名市・座間市・綾瀬市〉

本来の目的はお預け? 元学校長「散策のつどい」〈海老名市・座間市・綾瀬市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/01/15

綾瀬市内の小中学校を退職した元校長41人が名を連ねる「散策のつどい」がこのほど、紀行をまとめた第3版の記念誌を完成させた。12年間のうち直近3年分の活動記録に加え、今回は初めて退職した元校長が「凝っていること」をテーマに原稿を募り、収録した。

新型ウイルスの拡大で1年以上にわたり散策が休止するなか、春日台中元校長の小林辰三郎さん(83)と落合小元校長の中丸好章さん(64)らが年末に集まり、2018年3月から20年3月までの紀行と20人から寄せられた原稿の製本作業にあたった。

この日は久しぶりに懇親会も開いたが、なじみの店が酒の提供を自粛していたたため「本来の目的」だった「一杯会」はお預けに。小林さんは「コロナが収束したら皆で酒を酌み交わしたい」と話していた。

凝っていること

元校長が寄せた「凝っていること」は、農作業のほか、ブログ、自転車、退職後に始めた保護司を16年続けた話など多岐にわたった。

中丸さんは「教師は基本的におしゃべりな人が多く、いろんなお話が寄せられていた」と、製本作業を振り返っていた。

No image

小林さん(左)と中丸さん

タウンニュース海老名・座間・綾瀬版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加