ヤクルト・村上、先制適時打「粘り強く食らいついていった」

ヤクルト・村上、先制適時打「粘り強く食らいついていった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/09/15
No image

適時打を放つヤクルト・村上宗隆(撮影・門井聡)

(セ・リーグ、ヤクルト-阪神、20回戦、15日、神宮)ヤクルトの村上が一回2死三塁から先制の左前適時打を放った。阪神の先発・伊藤将の直球を捉え、「小川さんに先に先制点をという気持ちで打席に入った。粘り強く食らいついていった」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加